中国食品の危険性をこのサイトで暴きます

中国産の汚染食品の問題

中国産の汚染食品の問題

私たちは普段何気にスーパで買物をして購入している商品の中に「中国産」のものが含まれています。この中国産を購入する前に知ってほしいことは「安全性」です。摂取してから直ぐに変化が出ることはあまりありませんが、長期的に摂取し続けることで重大な健康被害が現れる可能性があります。

何故中国産がここまで問題かというと、禁止されている農薬を使用したり、基準値を超える農薬を使っていたり、食品添加物を沢山使っていたりと、日本と比較をしても重大な危険性が沢山あります。こうした問題の背景には「売る」ことだけしか考えていない生産者がいるからです。

一つの例を挙げると、例えば病死している豚の肉をそのまま加工して販売している例があります。どうしてこの問題が発覚したかというと、実はこの問題に関わっていたのが政府側の人間だということです。
つまり中国の体制的にこういったものが頻繁に引き起こされているということでもあり、政府側も介入している可能性があるということです。
この事例一つをとってみても、信じられないようなことが当たり前のようにおきている中国産の食品を摂取するのは非常に危険だということを理解してもらえると思います。

中国側の問題と背景

中国側の問題と背景

こういった問題が起きる理由は日本に比べて「規制」が緩いことがあげられます。中国で使われている添加物の種類は日本の数十倍にも上り、その数1802種類といわれています。またその中でも「合成香料」が1450種類以上に及びます。

この例を簡単に述べると、合成香料を使えばどんな商品も香りなどを近づけることができるので、本物と区別がつかなくすることも出来るということです。

また中国の環境被害としてTV等でも伝えられている大気汚染ですが、実はこの大気汚染は農村エリアにも蔓延しており、その影響によって商品に大きな影響を与えてしまっているといわれています。

PM2.5濃度に関してはその危険性は他の地域に比べて20倍以上といわれており、中国の大気汚染問題は非常に深刻です。

「水」自体に問題

そして次に「水」自体に問題があることが分かっています。中国の首都以外の地域では汚染された水を飲料として利用していることがわかっています。

この汚染された水を利用して農作物も作られるので、汚染された食品が出来上がってしまいます。中国産がそもそも問題があるというのは「汚染された環境」による影響があり、根本的な解決はまだまだ先のこととなるのではないでしょうか。

引き続き当サイトで、具体的な各事例をチェックしてください。