中国の偽装問題~生鮮タケノコ~

中国の偽装問題~生鮮タケノコ~

まず私達日本人が知らないといけないのは、メンマ(たけのこ)、生鮮タケノコなどは中国から輸入しています。

その他にも数々の食材が中国産ですが、日本国内に元々少ない食材は中国によって作られているということを認識する必要があります。

そして中国食材が重大な問題があるのは、食品管理が不十分であり、衛生面も非常に悪い物が非常に多いということです。

人体に入ることで多くの健康被害を招く恐れがあるので注意が必要です。また、摂取しないように気を付ける為には普段日本では生産されていない食材等を購入する際に生産地を厳しくチェックすることが最も効果的です。

薬品や大量の危険物質を含む食材の実態

薬品や大量の危険物質を含む食材の実態

注意しておきたいのは「見た目」ではほとんどわからないということです。中国産は偽装していることを前提に判断をする必要があります。
冷凍食品、加工食品は特に危険が付きまといます。

環境が汚染されている状況で作られている食材ばかりなので、そもそも品質が安定していないだけでなく、危険な成分が混ざっている可能性が極めて高いです。

腐らないようにホルマリン漬けしたり、化学調味料、着色料等で偽装しているケースが極めて高いので購入しないことがオススメですが、どうしても購入する場合は生産地などをチェックすることを心がけましょう。
最悪命に関わる重大な問題に繫がる場合もあるので気を付けましょう。

居酒屋やファミレス等でも頻繁に出ているという実態

居酒屋やファミレス等でも頻繁に出ているという実態

外食される方も多いと思いますが、格安居酒屋、ファミリーレストランの場合も中国産の食材を利用しているケースが多々あります。
提供される際は「料理」として完成されているため、殆どの方が品質も大丈夫だと思っていることだと思いますが、食材自体が既に何等かの影響を受けている為、非常に危険であるということを認識しなければいけません。

味がおいしければ、見た目が整っていれば、誰かが調理をしていれば良いということではなく、摂取する上では食材が安全であるかが重要になります。
健康被害のリスクを減らす為にも食材の生産地について考えることが大切です。

生産タケノコ、メンマもそうですが「加工」されている商品ほど危険なので注意しましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

健康被害のリスクを減らす為には偽装工作が当たり前な中国で作られている食材を摂取しないことがまず第一に大事です。
中国で作られている食材の殆どが危険なのは、環境問題が深刻になっているだけでなく、そこで作る生産者にも問題があるということを理解しておきましょう。