中国産の小豆の危険性

中国産の小豆の危険性

中国産の食品には数多くの健康被害があります。その一部としてあげられているのが小豆です。中国産の小豆も汚染食品として問題になっている理由としては、作られる過程の中で大量農薬が使われ、また土壌そのものも環境汚染にさらされているためです。

作物は水、土が最も大切になってきますが、中国では汚染された水、大量の化学肥料によって作られた土を用いて生産します。これによって生み出された作物が汚染されていないわけがありません。つまり中国産の商品を摂取するということは汚染食品を口にしているということです。

実際に中国産の小豆を使って作られた「あん」を摂取して嘔吐、手足のしびれなどが出たという健康被害も続出しています。中国産の小豆は価格が安いので、消費者の私たちにとってはついつい購入しやすくなってしまいますが、健康被害のことを考えるとどれだけ危険なのかを理解してもらえると思います。

小豆の偽装問題

小豆の偽装問題

原料についてメーカー側に問題がある場合があります。それは中国産の原料を偽装し、中国産とは分からないようにしているなどの問題もあります。

実際に以前問題になった事例の一つであり、中国産とかかれてないからといって確実に安心できることではないということです。私たち消費者はこういった問題を解決することは難しいとはいえ「食べない選択」は可能です。

商品を購入する前にしっかりと調べることも大切ですし、今はネットで簡単にチェックすることも出来ます。

消費者として気をつけるべきこと

消費者として気をつけるべきこと

中国産の食品の全てではないとはいえ、大半が汚染食品と呼ばれています。汚染食品には大量の猛毒があり、食べることで多くの健康被害を引き起こしてしまいます。私たちに出来ることは「生産地」を調べることしかありませんが、なるべく食べないようにすることが大切です。

価格が安いからといって購入するのではなく、私たちが生きていく上では「健康」が何より大切だということを念頭において、判断していくことが大切ですね。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

私たち人間の体は「食べたもので作られる」ということを理解しましょう。悪影響なものを摂取すれば体のどこかに健康被害が出ます。健康なものを食べれば体全体が良い方向へと改善されていきます。実に簡単なことではありますが、私たちに出来ることは本当に体に対して優しい、安全なものを摂取していくことが大切だということです。