信用できない中国産のお肉や商品

信用できない中国産のお肉や商品

中国で生産されているお肉(豚、牛)等は安定して出荷させるために、お肉を「赤く(赤身)」させると染料などを大量に使っていることが分かりました。この「染料」には有害な物質が含まれていることが確認されており、人体に入るとめまい、吐き気、動悸や息切れ等の症状が出始めます。また摂取量が多すぎると心配停止状態になることも確認されている大変危険な成分となっています。このようなものが当たり前のように使われている中国の生産状況を考えると、中国商品の危険性を改めて認識してもらえることでしょう。また自分の身を守るためには中国産の商品は購入しないほうが良いといえるでしょう。

何故使われるのか?それは中国の環境が生み出した負の循環が原因

何故使われるのか?それは中国の環境が生み出した負の循環が原因

何故使われるようになったのかというと、健康な豚、牛などを育てるためにはそれ相応の時間が必要になり、とてもじゃないですが環境に汚染されている中国では育てられないことが理由です。つまり偽装して「赤身」があるようにしておかなければ出荷が出来ないため、その土地で暮らす生産者にとっては死活問題に繋がることからこういった染料を使われるようになっています。

人体に害があることを知りながら、自分の生活のためだけに出荷し続ける中国の環境では負の循環が止まることはありません。私たち日本人が出来るのは、食の安全について正しい理解をすること、そして中国産の商品を食べない、購入しないということが大切です。

食の安全は自分たちで変えていくしかない

食の安全は自分たちで変えていくしかない

食肉についてもそうですが、中国の汚染された環境で生み出されたものはどれをとっても安全ではありません。むしろ健康被害が出るものばかりが確認されているため、摂取するという行為自体が大変危険です。メディアではあまり報道されていませんが、首都においても汚染された環境が蔓延している状態です。健康被害を防ぎ、本当に安全なものを摂取するためには多少価格が高くても生産地がしっかりと確認できる商品を購入していくことが大切です。日本は輸入で成り立っている国なので、私たち、自分たちに出来ることは「選ばない」という行動だけです。健康を維持していくためには中国産の商品を購入しないことを忘れてはいけません。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

信じられない程中国製造者は当たり前のように偽装をし、大量の化学薬品、染料を使っています。それらを食べて健康に良いわけがないのは誰もがわかることでしょう。私たちが健康を守る為には中国産の商品が安全ではないということを理解することから始まります。