・中国産の焼き鳥とつくねから見つかった大問題とは?

中国産の焼き鳥とつくねから見つかった大問題とは?

中国産の焼き鳥、つくねからある成分が検出されました。それは「大腸菌の一種であるエシュリヒアコリ」というものです。

聞きなれないかもしれませんが、非常に危険な菌です。こういった「病原体」が多く含まれている理由は環境汚染による影響です。

つまり、中国の環境が変わらなければ常にこのような生産物が作られ続けるということです。

現状でいえば、改善される見込みはなく、中国産の商品は検査には通るものの人体にとってあまり良いものではないということです。

健康のことを考える人にとってはこれらの事実を認識する必要があります。どれだけ安全だといわれていたとしても、中国の現状が生み出した食品を摂取することは控えることをオススメします。

基準値を超えることが当たり前だという状況

基準値を超えることが当たり前だという状況

日本と違い、厳密に決められていたとしてもそれを守っている農家、製造者たちは殆どいないといっていいでしょう。

その生産者から生み出された商品が安全なはずがないことは誰もが理解してもらえると思います。

たまたま検査で見つかればそのたびに問題が発覚し、見つかったものだけが規制されるという体制は中国の環境そのものを改善しなければ本当の安全には繫がりません。

私達が普段購入するスーパー等で販売されている商品の中にも検査を潜り抜けている可能性が十分に考えられます。

価格やコスパで選ぶのではなく、食べて安全かどうかで判断していくことが大切です。

・中国のモラルの低さは世界でもトップクラス

中国のモラルの低さは世界でもトップクラス

生産者はお金儲けだけしか考えていません。つまりお金さえ入れば食べる人に何が起きようと関係ないというスタンスです。

日本や他の国と違うのはそういった「モラル」の部分です。

中国産の食品、物を含めて安全ではないという理由には、「モラル」が関係しているということも覚えておきましょう。

安全な食品を摂取したい人たちにとっては中国産の食品を購入することは大変危険だということを再認識しておかなければいけません。

そして出荷されるもの自体は中国人ですら食べないようなものが輸出されていることが多いという事実についても忘れてはいけません。

中国の汚染された環境は数々の悪影響を及ぼし、私達日本人に襲い掛かっているので注意が必要です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

“本当の安全は自分自身で身を固めていくしかありません。
大手スーパーでも当たり前に販売されている中国産商品も数多くありますが、価格の安さ、お買い得だからといった理由で購入することは非常に危険です。
自分自身の体調をいつまでもよい状態に保つ為には中国産の商品を摂取しないことが望ましいでしょう。