中国で問題になっている奇形児誕生の理由とは?

中国で問題になっている奇形児誕生の理由とは?

日本ではあまり報道されていませんが、中国にはたくさんの「環境問題」があります。これらの影響は人々に悪影響を与えるだけでなく、現在問題になっている「奇形児」を生んでしまうことにも繋がっています。

どれだけ奇形児が誕生しているかを世界と比較した場合、中国では毎年100万前後の奇形児が生まれているといわれています。

そしてその影響の根源は「環境汚染」「汚染食事」によるものだということが研究で証明されています。中国の汚染された環境は人体に多くの悪影響を及ぼしていることから、人にとって「住む環境」がとても大切だということを改めて感じてもらえると思います。

汚染に侵された原因は経済発展の影響

汚染に侵された原因は経済発展の影響

中国では「がんが発症しやすい村」というものがあります。この地域の寿命は約45歳程度。ほとんどの人が若くしてがんで亡くなることがわかっています。

それらの原因は全て環境汚染によるもの。首都圏を除けば、大気汚染、環境汚染、水質汚染等の影響はその他の地域に多大なる影響を与えてしまっています。

「3つの汚染問題」は中国が生み出した根源であり、その影響により人々の生活を苦しめていることが事実です。

中国は歴史あるイメージがあるかもしれませんが、その背景では大きな「問題」と「課題」が取り残されているのが現状です。

日本で暮らしている人は到底イメージできないような現実が中国にはあり、それらの事実を知ることが環境の大切さを理解する上では大切です。

少しでも環境を改善する為には人々の理解が必要

少しでも環境を改善する為には人々の理解が必要

確かに私達の暮らしは年々豊かになっています。便利なものが毎年開発され、発展途上国をはじめとした国ではその恩恵を日々受けています。

中国の首都でも同様ですが、少し他の地域に目をくばると、そこには大きな問題が残っています。

豊かな暮らしの影響は、多くの人々の体に悪影響を与え、それによって「命」を落としてしまうケースが多発していることは、環境についての理解と取り組みを真剣に考えていかなければいけません。

またこのような問題から、輸入されている中国産の食品、原材料を摂取するというのは大変危険なので注意することも必要です。

中国の問題に目を向けると摂取するものがどれだけ大切かということを理解してもらえると思います。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国産の食品がなぜ危険なのかについて理解をするには「環境問題」を正しく知ることが必要です。奇形児の問題に目を向けると理解していただけたと思いますが、「食べるもの」「暮らす環境」が人々にとって重要であることを理解することが何より大切です。