豚の「青耳病」とはどんな意味?真実を知ろう!

豚の「青耳病」とはどんな意味?真実を知ろう!

豚の「青耳病」というのは豚の感染症の呼び名のことであり、正式には「繁殖・呼吸障害症候群ウイルス感染」と呼ばれています。

これは2006~2007年頃に中国で猛威を振るった感染症で、この影響を受けて約40~50万等弱の豚が処分されることになりました。

しかしここからが中国の闇を物語っています。

このまま処分されていれば問題はないのですが、闇業者がそれらを転売し、多額の利益を得ていることが問題となりました。

実際には青耳病に感染している豚が市場に出回り、一般的な健康な豚の価格よりも高い値段で転売しているとされており、市場で購入する人たちはそれを知ることなく食べていたとされています。

また青耳病に感染している豚そのものを海外にも輸出していたこともわかっているため、豚肉の安全性についても考えることが必要になってきています。中国産の商品については危険が伴っていることを理解しておきましょう。

中国産の豚肉、食肉の安全性についてしっかりと考えよう

中国産の豚肉、食肉の安全性についてしっかりと考えよう

青耳病についての事例を出しましたが、実際には中国から沢山のものを輸入しています。2006年~2007年頃の問題だからといって気を抜いてはいけません。

殆どが後々検査を改めることで発覚する問題ばかりであり、現状でも見つかっていない沢山の問題がある可能性が考えられます。

普段摂取している(購入している)ものが中国産の場合は安全性についてよく考える必要があります。

また青耳病の豚肉はベトナムでも蔓延し、その影響を受けて様々な食被害が確認されています。私たち日本人も無視できることではないので、改めて安全性についてしっかりと確認するように心がけましょう。

人体に関しての影響について

人体に関しての影響について

実際には人体にどのような影響があるかどうかは発覚していません。ただし、間違いなく体にとって良いものではありません。

中国産の食品の健康被害はこうした例をとってみても非常に危険であり、他の食品についても大変危険です。

人体に影響があるないに関わらず商品を購入する際には細心の注意を払う必要があります。

また日本で何故こういした事件がおきにくいかについては世界的に見ても非常に品質、安全性が高い国であることが証明されています。他の国と比較をすることで、私たちが暮らす日本の安全性についても再確認することが出来ます。

中国産の食品については今後も注意していくことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

安全性については日々考えていかなければなりませんが、全ての食材が安心できる世の中ではありません。少しでも健康被害が出やすい食品については摂取しないことが大切であり、まずは食の安全について正しい知識と理解を深めることが必要です。