中国で生産されている水煮ゴボウの危険性

中国で生産されている水煮ゴボウの危険性

中国の汚染された環境で育った作物、野菜等は工場の廃液が流れている水、大量の薬品、下水、汚水で作られています。

これらで育った作物は基準値を超える危険物質を含んでおり、多くの健康被害を招きます。

また中国で作られている水煮ごぼうは大量の薬品を使ったり、危険な農薬を使って育てられています。

見た目では判断はできませんが、摂取すること自体が危険です。

こういった商品は格安スーパー、プライベートなどで販売されていることが多く、生産地についても細かく記されていないのが現状です。

中国から輸入している商品の価格が安い理由は、生産する際にコストを抑えることができる為です。

ドブ・汚染水で作られている現状と変化のない中国環境

ドブ・汚染水で作られている現状と変化のない中国環境

経済発展の影響で中国は大量の環境被害にされされています。日本人には中々理解できないことかもしれませんが、汚染問題は未だに深刻です。

呼吸することも、水を飲むことも、食べ物を食べることも環境汚染によって非常に危険な状態が続いていることが実態です。

その中で生産者は利益を上げる為にはさらに低コストで作らざるを得ません。環境が汚染されている以上、品質が良い作物、野菜などが作れない為です。

そこで中国製造業者は品質を向上させるよりも、見た目を偽装することを行っています。見た目さえ整えることができれば出荷することができ、利益にすることができるからです。

こういった実態が今も続いている以上、中国食品を購入する、摂取するということは危険だということを理解しておきましょう。

飲食店やファミリーレストランも要注意

飲食店やファミリーレストランも要注意

格安で輸入をしている飲食店やファーストフード店、或いはファミリーレストラン等の野菜なども危険です。(ごぼうなども含めて)見た目、味は調えられているので基本的に食べて気づくということはまずありません。

健康被害が出てからでは遅いので外食の際は特に注意が必要です。

健康を維持する為にはなるべく安全な野菜、食べ物を摂取することが基本だということは誰もが理解していることですが、購入しているスーパー、飲食店で販売されている商品、売られている食べ物が汚染されている可能性があるということも頭に入れておかなければいけません。

安全を守る為にも中国商品の危険性を忘れないように心がけましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

水煮ゴボウが作られている環境を知ることで、中国の環境について再認識することができると思いますが、中国で作られている汚染食品は未だに解消されていないということを理解し、購入しないように心がけることが大切です。安全の為には食品の安全性を考えることが必要です。