カドミウム汚染米の恐怖とその危険性とは?

カドミウム汚染米の恐怖とその危険性とは?

中国で作られた米の中に重金属である「カドミウム」が検出されたというこの事件は日本でも社会問題になりました。

カドミウムが体内に入ると「イタイイタイ病」が発症することがわかっています。

見た目は普通のお米とは全く変わらないので見分けることは不可能と言っても良いでしょう。

ちなみにイタイイタイ病という症状について解説すると下記のようになっています。

カドミウムを摂取し続けることで体内に蓄積され、それが原因となって腎機能障害、骨軟化症を引き起こします。このときに少しでも体を動かせば全身に強烈な激痛が走ることからイタイタイ病と呼ばれています。

カドミウム汚染米を食べてしまうことによってイタイイタイ病になる可能性があるため、非常に危険なものとなっています。

日本でも安心できない汚染米問題

日本でも安心できない汚染米問題

日本で暮らしている私たちにとって「関係がない」と思う方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。なぜなら「輸入」をしてしまっているからです。

実際に大手スーパーで販売されていたお米に「カドミウム米」があることが発覚しました。

こういったことからも、日本で暮らしていても危険があるということを理解しておきましょう。

中国で生産された「カドミウム米」だけでなく、そのほかの商品についても安全性についてしっかりと考えておくことが何より大切です。

またカドミウム汚染については中国全土で見られている症状であり、今回は「お米」から検出されたとはいえ、そのほかの作物、商品からも検出される可能性があるということを理解しておきましょう。

つまり、中国産の商品は「非常に危険」だということを再認識する必要があります。

カドミウムの発がん性と危険性について

カドミウムの発がん性と危険性について

カドミウムには強い発がん性があることが研究で証明されています。体内に入ると上記で説明したような症状が出るだけでなく、寿命そのものを縮める要因になるということを忘れてはいけません。

私たち日本人だからこそいえることですが、人体に深刻なダメージを与え、最悪の場合は命を落とす可能性もある汚染米問題をこのまま見過ごしてはいけません。

つまり、食の安全についてもっと考え、私たち暮らしているこの環境を良くするためには、一人一人の意識改革が必要だということです。

当たり前のように食べている、購入している商品が本当に安全なのか?ということを良く考えることが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

社会を震撼させたカドミウム汚染米については本当につい最近の出来事であり、それだけ中国では当たり前のように公害の影響を受けた作物や商品を作り続けているということです。
中国産の商品を購入する際は本当に気をつける必要があることを理解しておきましょう。