中国産の汚染食品について

中国産の汚染食品について

中国産の野菜には多くの問題があります。今回は「セロリ」についてご紹介していきます。中国産の食品の殆どが危険といわれている理由は、農家に問題があります。例えばセロリを作っている農家では、セロリの重さをかさましする為に汚染された小川に放り込んでしまうというケースがあります。

この小川はゴミが浮いていたり、工場の汚水や人間・家畜の排泄物により黒くにごっていたり、簡単に言えば汚染されている状態です。

つまりこのセロリを摂取するということは、汚染されているセロリ以外の成分を吸収することになります。体によいわけがありません。そしてセロリだけでなく、中国産の食品が危険といわれているのはこういった行動が当たり前のように引き起こされているということです。

中国産の食品を摂取するということは汚染食品を摂取しているということでもあり、体内に猛毒を蓄えてしまう可能性があるので注意が必要です。

殺虫剤や殺菌剤が使われている問題

殺虫剤や殺菌剤が使われている問題

中国産のなかでも、特にセロリの残留農薬数は他の野菜に比べても非常に高いです。農薬がセロリに付着したまま流通しているということなので、猛毒を食べているようなもの。健康の為に野菜を食べているつもりでも実は猛毒を摂取しているということになります。セロリが特にひどい状態ですが、他の野菜も似たり寄ったり。中国産の野菜(セロリを含めて)を摂取するということは非常に危険が伴います。

そもそも中国で使われる農薬の基準値も高く、日本に比べて危険性が非常に強いことにも注意が必要です。

中国産は価格が安い

中国産は価格が安い

中国産を購入する前に知ってほしいことは、中国の生産者の方は「売る」ことだけにしか興味がありません。つまり売ってしまえば収入が入るので、健康のこと日本の消費者のなかには、中国産にあまり危険を感じずに安い食品を摂取しているひともいるかもしれません。しかし、長い目で見ると体にとっては害しかありません。農薬の危険性、野菜を食べる本当の意味、この2点をしっかりと理解しなければいけません。価格が安いからといって中国産の野菜を摂取するということは極論で言えば寿命を縮めることに繋がります。

少し価格が高いとはいえ、中国産に比べて安心な日本の野菜を購入することをオススメします。

日本は輸入によって生活が成り立ってしまっているので、難しい問題も沢山ありますが、中国産の野菜の殆どが猛毒な汚染食品なので注意することが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

農薬は、神経系に影響を与えたり、けいれん、めまい、呼吸機能等に悪影響を及ぼします。また視力低下、免疫力の低下なども報告されています。それだけ体に悪影響を与えてしまう「農薬」を沢山使っている中国産の野菜を摂取するということは非常に危険だということを理解しておきましょう。