当たり前のように出回る中国産の商品

当たり前のように出回る中国産の商品

私たち消費者にとって注意しなければならないのは食材ですが、何気ない形で目にしているものが沢山あります。

普段当たり前のように使っている商品が実は中国産だったというケースも珍しくありませんし、日本は輸入大国なので消費する殆どのものが外国産のものばかりです。その為、知らないうちに汚染食品、中国産を使っているという場合もあるので今一度、購入する前に生産地などをチェックすることが大切です。

何故中国産が危険?

何故中国産が危険?

ポイントを理解しておかなければいけないのは「中国産が何故危険」かということです。
その理由は、中国産で作られる食品の殆どが汚染された環境で作られているということ、また禁止されている農薬、基準値を超えた農薬の使用などがあげられます。日本では厳しい基準値に基き法律が運用されているため、国産の商品ではまず考えられません。

中国の管理体制の甘さからこういった問題が出ています。私たち消費者に出来ることは食べないこと、選ばないことしかありません。中国産が危険な理由を理解することで、商品を購入する際に判断が出来るようになります。

中国で作られている殆どが基準値を超えている

中国で作られている殆どが基準値を超えている

もう一つの事例としてですが、中国で作られている商品の殆どが日本で制限されている基準値を大幅に超えているものが多いことです。そしてそれが平然と販売されているのは、日本は輸入国であることが理由となります。

中国側はお金が掛ることを嫌って、検査をあまりしないようなこともあるため問題が発覚するまでに時間がかかります。中国産を購入していた方や、何気なく利用していた方は少し考え方を見直すことが大切です。

外食・チェーン店にも注意しておこう

外食・チェーン店にも注意しておこう

外食を頻繁にされている方も多いかもしれませんが、チェーン店やファーストフードなどは注意が必要です。その理由は中国産の格安食材を利用して商品を販売しているケースがあるためです。

中国産がどうして危険なのかをご説明しましたが、私たちが普段利用しているファーストフード店やチェーン店がこのような食材を利用していることもあるので注意が必要になります。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

完全に安全な食材がこの世の中にあるかというと、厳密には少ないといえますが、それでも危険な食材、汚染食品の摂取量を減らすことは出来ます。私たちが何時までも健康な状態をキープする為にも、危険な中国産の食品をなるべく摂取しないことが大切です。