中国産の中国茶に隠された驚きの真実と危険性

中国産の中国茶に隠された驚きの真実と危険性

中国でもお茶は非常に有名な飲料ですが、この中国産のお茶から基準値を超えるほどの「鉛」が検出されたことが大問題となっています。鉛は特に妊婦の方が飲んでしまうこと、乳幼児の発育に多大なる悪影響を与えてしまうことがわかっています。また成人であったとしても、鉛が体内に蓄積され続けることによって知能指数の低下(IQの低下)が研究によって証明されていること、また意識混濁、意識喪失、最悪の場合は命を落とす危険性があります。

中国産のお茶は一見安全だと思うかもしれませんが非常に危険であることを理解しておきましょう。そして、特に価格が安いお茶程危険な兆候があることも覚えておきましょう。

鉛以外にも含まれていた危険成分とは?

鉛以外にも含まれていた危険成分とは?

実は鉛以外にも数多くの成分が含まれていたことが発覚しました。まず発覚した中国茶は18品種といわれています。非常にリーズナブルに購入できることが特徴の商品となっていて、これらのお茶から残留農薬が基準値を超える成分が検出されています。そして日本では禁止指定されている農薬等も検出されていることがわかっており、改めて中国の製造者の怠慢、モラル欠如が問題として挙がっています。私達の食卓等で飲むお茶が中国産でないかを再度チェックする必要があると同時に、販売されている場所(大手スーパ、量販店等)またメーカー等も必ずチェックすることが大切です。

中国の環境問題が生み出したお茶の危険性

中国の環境問題が生み出したお茶の危険性

お茶自体が危険なのではなく、環境そのものが汚染されているため、何を製造しても、何を作っても安全な物を生み出すことは殆ど不可能といってもいいでしょう。それだけ今の中国は経済発展の代償を多く受けてしまっています。また危険な成分をあたり前のように使ってお金儲けをしようとしている業者が非常に多いことも忘れてはいけません。これらの問題が改善されない限りは、中国産の商品は安全だとは言い切れません。日本に輸出される際は確かに検査はされているものの、中国産の商品は汚染された環境で作られているということを考えれば、本当の安全について改めて深く考えるきっかけに繋がることでしょう。私達日本人にとっては中国産の食品は非常に危険であることを忘れてはいけません。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国茶にも含まれていた数々の成分は私達日本人が最も口にしやすい商品の一つです。中国の環境を知ることで中国産の商品がどれだけ危険かを再確認することができます。商品を購入する際は必ずチェックをし、中国産の商品を購入しないことが大切です。