中国人の中華料理はまずいかを徹底検証!

中国人の中華料理はまずいかを徹底検証!

中国人が作る本場の中華料理が「美味しい」のか「まずい」のかを徹底に解説していきます。
一番知っておかなければいけないのは根本的に味付けが異なるということです。また日本人の味覚に合うものが少ない為、中国に旅行へ行って食べたとしても多少の違和感を感じるでしょう。

そもそも日本で作られている中華料理に慣れている人たちは、その味が「本場の味」だと思っていると思いますが、現実は違います。

日本で作られている中華料理は「日本人向け」に味付けを変えているものなので、本場の中華料理と味が異なります。
よって美味しいかどうかは人の判断にもよりますが、基本的にはあまり合わないのが現状です。

中華料理の味付けの違いの具体例

中華料理の味付けの違いの具体例

一般的に味が異なってくるのは炒め物の中でもチャーハン、麻婆豆腐、餃子、ラーメンなどがあげられます。
回鍋肉などは「味噌」によって多少の味付けのクセが異なりますが、それほどイメージと違うといったことは少ないのが特徴的です。

特に上記で述べた料理に関しては普段、日本人ベースで味付けられているものを食べている為、中国で食べる味とは異なることが特徴的です。

中国で本場中華料理を召し上がる際はグルメガイドなどを利用してレストラン選びをされることになると思いますが、日本人が記入してある口コミ情報等を頼りにチェックすると外れが少ないのでオススメです。

まずいだけではなくて危険

まずいだけではなくて危険

最も重要なのは「まずい」「口に合わない」だけでなく、安全性が確保されていないことが問題です。
不衛生な環境で作られている為、健康被害を発症する恐れがあります。高級レストランであろうがそれ以外のレストランであろうが基本的に不衛生な環境だということを理解しておく必要があります。

中華料理を楽しみたいという方も中にはいると思いますが、その際は安全性をしっかりとチェックし、口コミ等を細かくチェックしておくことが大切です。
事前に調べることでリスクを排除することに繋がります。

全ての中華料理が美味しくないということではないものの、日本人の味覚に合うものが少ないということを認識しておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

本場中華料理の「味」については様々な意見があるものの、日本で食べている中華料理とは味付けが異なることが特徴です。
また「まずい」「美味しい」だけではなく、衛生面的な面、安全性についても保証されていないことを理解しておくことが必要です。