安さで購入してはいけない中国産の商品~冷凍焼きアナゴ編~

安さで購入してはいけない中国産の商品~冷凍焼きアナゴ編~

中国産の冷凍焼きアナゴに大量の「大腸菌」が検出された事件は日本を震撼させた出来事になっています。これらの商品はスーパー等でいつも通り販売されており、たまたま検査で見つかったので発覚したケースです。

現状の中国では大気汚染問題が社会的問題になっており、この大気汚染によって様々な食品が悪影響を受けてしまっています。

またそれらの食品、製造物が日本に輸入されている状態なので非常に危険となっています。

今回の冷凍焼きアナゴの事件についても、大腸菌が含まれているのにも関わらず検疫をすり抜けてしまっていたという部分が一番重要な問題となっています。

だからこそ安さで判断せずに、食品の生産地等を見て購入することが大切です。

大腸菌の人体への影響とはどんなもの?

大腸菌の人体への影響とはどんなもの?

大腸菌についてあまり理解が無い人もいるかもしれないので細かな解説をしておきます。

そもそも大腸菌とは「微生物」と呼ばれるものです。大腸菌にも種類がありますが、何番目に見つかった菌なのかによって呼び名が変わります。

例えば「O-157」の場合は157番目の種類となります。

大腸菌そのものは無害ですが、大腸菌の種類によっては人体に悪影響を与えます。その一つが「O-157」等です。

体調が弱っている、ご高齢の方、乳幼児、衰弱している場合は大腸菌によって命を落とすケースもあります。それ以外には食中毒などの症状、嘔吐、痙攣、吐き気、意識混濁等など様々な健康被害を及ぼします。

つまり今回の冷凍焼きアナゴを食べてしまうと、これらのリスクが発生する可能性があるということです。

中国産の食品の危険リストを調べよう

中国産の食品の危険リストを調べよう

中国産の商品を購入する際は事前にチェックしてみましょう。

今はネットで簡単に調べることが出来る時代になったことで、多くのことを知ることができます。たとえば格安スーパ、量販店で販売されている商品の殆どは外国産の商品を取り扱っているケースが多く、その中には中国産も含まれています。

中国産の食品の安全性を理解している人ならば、基本的には購入をしないようにしておくと健康被害のリスクを抑えることが出来ます。

そして食の安全について理解が乏しい方、或いはあまり興味がない方は、自分の命、或いは家族の命、もしくは健康についてよく考えるようにしましょう。

一度健康被害が起きてしまうと、日常生活だけでなく、生きていくことだけでも大変な影響にさらされる可能性があるということを覚えておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

冷凍焼きアナゴに含まれていた大腸菌によって引き起こされるであろう健康被害は多くの方に悪影響を与えてしまいます。
スーパー等で何気なく販売されている物なので、まずは購入前にチェックするだけでなく、正しい知識を身につけることが自分の身を守るたった一つの方法です。