偽装や加工や不正が当たり前に繰り返される中国の牛や羊の肉

偽装や加工や不正が当たり前に繰り返される中国の牛や羊の肉

中国で製造されている商品の殆どが生産者の都合で作られているものばかりです。つまり「お金」を稼ぐことしか考えていないので、食べる人の健康については一切考えていません。その影響により、大量の農薬、薬品、不正行為などが日常茶飯事に繰り返されていることが現状です。中国で生産された牛、羊、豚、鳥などの肉類全ても汚染された環境で育てられている為、非常に危険です。具体的には「水増し」された肉事件が有名です。これは肉に水を注入し、出荷重量にまで無理やり引き延ばす手法です。他にも製造された肉から大量の危険成分などが検出されており、食べること自体が危険となっています。

中国産の肉類を摂取するということは非常に危険であるということを理解しておきましょう。

検査を通り抜ける巧妙な手段と悪徳業者の実態

検査を通り抜ける巧妙な手段と悪徳業者の実態

中国で繰り返されるこのような事件の背景には悪徳業者が巧妙な手口を繰り返して「検査」を通り抜けていることが実態です。またその悪徳業者の数も尋常じゃないぐらい多いことが原因の一つとされています。出荷さえしてしまえば関係がないというスタンスな為、私達日本に出荷されている商品の中には検査を潜り抜けているものが混ざっている可能性も否定できません。

格安で販売されているということは品質に何かしらの問題がある、或いは格安の理由があるということを再認識することが大切です。そして別の問題として、中国で製造された肉類の賞味期限が過ぎてしまっていても巧妙な細工によって出荷されているという事実も明らかになっています。中国で作られた商品は非常に危険であるということを忘れてはなりません。

食品添加物の安全性と健康被害について

牛肉から寄生虫が出てきた事件と中国の実態

中国の汚染された環境で作られた牛肉から寄生虫が検出されたことも発覚しています。中国で作られている商品は消費者のことを全く考えていないため、安全性は皆無といってもいいでしょう。スーパーなどで購入する際も中国産の商品を買うということは安全性の保障がないということを理解しておかなければいけません。幾ら価格が安いとはいえ、食品添加物が大量に配合されていたり、化学薬品などが大量に使われた肉類を購入するということは健康被害に繋がるということを考えておきましょう。また免疫力が低下している人や抵抗力がない人はさらにリスクが増す恐れがあります。安全性を考えるのであれば中国産の物は購入しないことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国産の肉を購入するということは非常に危険であるということについて解説してきましたが、実態を知ることで理解してもらえることでしょう。安全のことを考えるのなら中国産の商品を購入するべきではありません。健康被害を抑える為にも、本当に安全なものを購入することが大切だということを理解しておきましょう。