危険な中国産のはちみつの真実とは?

危険な中国産の格安ウナギの実態とは?

中国産のうなぎには非常に危険な物質が投与されていることがわかっており、多くの健康被害を引き起こす原因となるので注意が必要です。
冷凍商品、輸入されているうなぎの中には「中国産」が含まれているので慎重に購入することが大切です。

具体的にどのような危険があるかというと、マラカイトグリーン、ピルを使っており、特にマカライトグリーンは劇薬として認定されており発がん性があることがわかっています。

これらを使って成長させられたうなぎを日本に出荷している理由は、中国ではあまりうなぎを食べませんが、日本に出荷することでお金が儲けられるという理由です。
中国の格安うなぎは非常に危険なので摂取しないことが健康被害のリスクを低下させることに繋がります。

乳幼児や免疫力が低下している人に対して危険な中国産うなぎ

乳幼児や免疫力が低下している人に対して危険な中国産うなぎ

特に乳幼児、或いはご高齢の方などの免疫力が低下している場合はうなぎを育てるときに使われていた劇薬が体内に蓄積されるため、健康被害を発症する可能性が高くなります。

大人だからとか、子供だからということではなく中国産の商品を摂取するということは極めて危険です。

中国の製造業者は低コストで生産させるために、大量の薬品を使って育てている為、安定して出荷させてお金儲けをしています。
日本では夏場は特にうなぎを食べることが推奨されている文化なので中国産の格安うなぎをついつい購入しやすくなってしまいます。

中国産のうなぎを食べるリスクを考えると、少し値段は張りますが国産のうなぎを召し上がる事をオススメします。

国産のうなぎと偽っているケースもあるので注意

国産のうなぎと偽っているケースもあるので注意

日本に輸入されている大量の中国産のうなぎを「国産」と偽って販売しているケースもあるので注意が必要です。
日本で飼育されているうなぎの稚魚も中国から輸入されているケースもあるので、結果的に安全なうなぎは本当に国産のうなぎでも一部になりつつあります。
日本の場合は細かな検査があるので、厳密にいえば危険度合はかなり低い物の、中国産の稚魚を育てているケースもあるので注意しましょう。

中国産の格安うなぎは購入しやすいメリットがありますが、発がん性の問題や健康被害を発症する可能性があるため購入しないことをオススメします。
そして、お弁当メーカー等で販売されているうなぎ等も「中国産」の場合があるので購入する際は慎重に選ぶことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

日本ではメジャーな食品であるうなぎも中国から大量に輸入していることが現状です。
中国産のうなぎの危険性は計り知れません。食べることで多くの健康被害を発症する可能性があるので十分注意が必要です。
また加工されていることで見た目、味などでは判別できないので、うなぎの購入の際はより慎重になることが大切です。