中国製の服の質の問題と現状

中国製の服の質の問題と現状

数々の中国食品の問題は、中国産の食品の不信感を募らせていますが食品だけが問題なのではありません。
実際には中国で作られている全ての製品も非常に危険であるという事実があります。
具体的には「衣類=服」などもそれらに該当しますが、問題になったのは中国製の服が安全基準を満たしていなかったということが指摘されています。
安全基準だけを満たしていなかっただけでなく、北京で販売されていた服の一部から発がん性であるアゾ染料が含まれていることが発覚しています。

このように、食品だけでなく安全基準を満たしていないことが当たり前になりつつある中国産の製品を購入するということは危険です。

一部の子供服からホルムアルデヒドが検出

一部の子供服からホルムアルデヒドが検出

また子供服からはホルムアルデヒドが検出されたこともわかっており、改めて安全体制が問題視されています。
ホルムアルデヒドは非常に毒性が強く、例え少量(低濃度)であっても人体に様々な悪影響を及ぼします。
乳幼児の場合、大量に吸引してしまうと血液のがんと言われている白血病を誘発する可能性もあるので注意が必要です。

服を購入する際に中国産であっても頭のどこかで食品と違って安全と考えている方も多いかもしれませんが、それは確実に間違っているので注意してください。

大人にとっても非常に劇薬ですが、様々な危険物質が検出されている以上、子供服、乳幼児の衣類等を購入する際は命や健康に深く関係するということを覚えておきましょう。

中国産の衣服の質と危険性のまとめ

中国産の衣服の質と危険性のまとめ

発がん性を誘発する危険性があること、乳幼児の場合は白血病を誘発する危険性がある中国製の衣服は、日本人の私達にとっては様々な健康被害を引き起こす可能性があります。

またそれ以外にも、大量の化学薬品を使用して製造されている衣服を身に着けることにより「アレルギー反応」を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

特に衣類を購入する際「価格」と同じぐらい「工場」「メイドイン」をきちんとチェックすることが大切です。
服だから安全だということではなく、中国産の商品には何かしらの危険があるということをきちんと理解しておくことが何よりも大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国製の商品には非常に様々な危険が確認されているという事実を理解し、その上で購入する、或いは検討をしていくことが重要です。
安いからといって安易な考えで購入することは健康被害を招く恐れがあるので注意しておきましょう。