・日本の食料自給率問題

・日本の食料自給率問題

日本は世界的にみても領土が小さく、生産できるエリアが限られている為、少量自給率が少ないことが特徴的です。
中国、アメリカなどを筆頭に「土地」がある国では生産できる量も桁違いです。
つまり私達日本人は「自給率が少ない」ことによって輸入でしか生活できないということです。

そして、大半の食料などを主に中国から輸入しているのでこのまま危険な食品を輸入し続けることは日本人の健康被害を引き起こす可能性があるということです。

中国の食品に対する考え方、安全体制の管理が整わない限り、私達日本人がどれだけ気を付けて安全性にこだわっていても、いづれ近い内に中国食品でしか暮らせないようになるということを認識しなければいけません。

自給率が少ない日本にできること

自給率が少ない日本にできること

食の安全性について細かく訴えていくしか方法がありません。つまり私達日本人がもっと食の安全性について理解を深め、それを発信していくことが大切です。

今は大丈夫であったとしても、近い将来日本の人口は大幅に低下します。いわゆる少子高齢化時代が深刻になってくるタイミングです。
この時には今以上に生産コストが低下し、殆どが輸入食品、輸入商品で埋め尽くされることが想定されます。

長生きをしたくても中国の汚染された環境で作られた物を摂取していればどんどん寿命を縮めることに繋がり、結果としてさらなる少子高齢化を進めてしまいます。
こういったことが予想されることから食の安全の意識、知識を早急に身につけて発信することが大切です。

・食の安全や添加物について考える

・食の安全や添加物について考える

先程も述べましたが、食の安全についてきちんと理解を深めることができれば「どれが安全な食べ物」かを判断することができるようになります。
自分だけではなく、家族、子供、周りの人々が長く健康で生きていく為には食の安全は最重要であるということを理解しておきましょう。
そして自給率が低い日本だからこそ、食の安全について真剣に考え、さらには海外に向けて発信していくことが大切です。

近い将来、本当に中国食品、海外商品で埋め尽くされます。この時に健康を意識しても遅いです。早い段階から安全な物を摂取するだけでなく、危険な物を利用しないように訴えかけていくことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

出来ることな環境を守る為にできることを増やすことです。大気汚染、水質汚染を防ぐ為にできることを一人一人が真剣に考えることが重要です。
そしてそれは私達日本人だけが行うのではなく、世界的に行うことが大切です。
中々難しい問題ではありますが、一人一人の理解と意識が大切です。