中国の食文化の歴史について

中国の食文化の歴史について

中国の食文化は日本で暮らす私達からすると根本的に異なるのが特徴です。人間以外の生き物であれば何でも食べているというイメージを持ってもらうと理解しやすいと思います。
具体的に言えば、ウサギ、犬、蛙、虫、幼虫、ありとあらゆる物を食料として活用していることが特徴です。
また細かく歴史を調べてみると「人肉」を摂取していた事も史書に記録されていることがわかります。
現在では人肉を食べているという事はありませんが、昔は処刑者の人肉などを無駄なく食べていたことなども記されており、改めて文化の違いと中国人の根本的考えがはっきりと異なることが理解できます。

史書による細かな記録と食文化の歴史

史書による細かな記録と食文化の歴史

中国の処刑方法の中で最も苦痛といわれているのが「凌遅の刑」といいます。
この処刑方法は、生きている状態の中で少しずつ体内の肉をそぎ落として苦痛を与えるというものです。
そしてこの削いだ肉を漢方の妙薬とし、中国の人々は好んで食べていたことが記されています。

他にも人間しゃぶしゃぶという行為が行われていたこともわかっています。
このように中国では「人肉」を摂取していたことが事細かく記されており、歴史を遡ると人肉を食料にしていたことは事実です。

現在では法律などによって禁止されている為、このようなことはありませんが、中国の食文化の広さを物語っています。

何でも食べるのが当たり前の文化

何でも食べるのが当たり前の文化

人口が多い国だからこそ、そこで生きる人々達の知恵もまた私達日本人と異なります。基本的には何でも食べるのが中国の文化です。
だからこそ、人間を食べるという行為自体に違和感がありません。
日本人の場合は「いけない事」だと教わっている為、そのような発想にはなりませんが、中国ではその部分が根本的に違います。

こういった環境だからこそ汚染された環境で作物、商品などを製造していても危険であるという認識が甘いのも裏付けできます。
中国で作られる商品に危険が多いのは、文化の違いも多少は関係しているといってもよいでしょう。
中国の食文化について正しく理解し、このような事実があるということを認識しておくことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

古来の中国では人間を食べていたという事実があります。日本人の私達からすると考えられないことですが、文化の違いの影響はとてつもなく大きいことが確認できます。
文化の違いによって食に対する考え方が違うので、日本人の安全意識とは大きく異なるのが現状です。