中国の南北での食文化の違い

中国の南北での食文化の違い

中国の食文化についてですが、全てのエリアが同じということではありません。厳密に言えば「北」「南」で異なることも特徴となっています。
歴史を紐解いていけば、「大話方言」という本に記載されているように南に住む方たちは「米」を、北に住む方たちは「小麦」を食べたいたことが記されています。
このように食べる主食が異なることによって「料理のレシピ」も大きく異なっています。これらは住むエリアでの食文化の違いによるものであり、現在はそれほど大きな違いがないとはいえ、未だにこういった文化が根付いていることは事実です。
中国以外の地域や国を例にしてもこのような事例は数多くあるので、中国エリアの食文化が特別違うということではありません。

中国の食文化を楽しむのなら歴史を調べる

中国の食文化を楽しむのなら歴史を調べる

例えば旅行へ行き、美味しい物を食べようとしているのなら、事前に歴史などにチェックをしておくと食文化の違いを改めて感じ取ることができます。
また中国の食文化を調べることで、私達日本人の文化と決定的に違う部分を知ることができることも良い理解に繋がります。

また日本の場合は「材料=素材の味」を大事にし、その上で調理をしていきますが、中国の場合は素材の味よりも「口に合う」かどうかで調理をしていくことも違いとなっています。

そして南北の食文化の違いは「温度」「湿度」などが違うことによって作物が育つ環境が異なっていたことも関係していることがわかっています。

中国の南と北の食文化が変化した背景

中国の南と北の食文化が変化した背景

日本を例にして述べるともの凄く分かりやすいと思いますが、全国で生産されている商品が違うように、中国でもエリアによって大きく異なります。
これらは環境が一番の違いであり、寒さ、暑さ、湿度などが大きく関係しています。
採れるものが違うことで、必然と食べるもの、調理するものが異なってきたことが「食文化」全てのルーツといっても良いでしょう。

世界中でも同様のことが言えますが、中国でも南北によって食べるものが大きく異なっていることが特徴となっています。
旅行の際などはそういった違いなどを加味した上で食文化に触れていくことをオススメします。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国の食文化についても南と北では違いがはっきりとみて取れます。これは環境の違いなどが大きく影響しています。
主食が異なったり、料理が異なっていたり、広大な土地を持つ中国でも南と北では食文化の違いが顕著に出ていることが特徴です。