ホルマリン漬け残飯肉を牛肉棒として販売していた事件

ホルマリン漬け残飯肉を牛肉棒として販売していた事件

中国で次々に引き起こされる食品被害の例として「牛肉棒」についてご紹介します。中国で作られていた牛肉棒には主に、ホルマリン漬けをして腐らないように細工されていた残飯肉が使われていることがわかっています。実際に中国全域で販売されており大問題になりました。

こうした事件が起こった原因については中国の生産者達の怠慢とお金儲けしか考えていないという理由です。見た目は大量の化学調味料や薬品を使って偽装しているため、中々見分けるのが難しいのが現状です。私達の健康被害を防ぐ為には中国産の商品を食べない、選ばない、購入しないことが必要です。

見た目では判断できない危険性

見た目では判断できない危険性

ホルマリン漬けされた商品の例として牛肉棒がありますが、ホルマリンは人体にとてつもなく有害な毒性を持っています。摂取することでがんを誘発させる可能性、また多くの健康被害を引き起こす恐れがあります。

ホルマリン漬けされた今回の事件が発覚したものの、見た目がとにかく偽装されている中国商品は非常に危険であることは事実です。未だに中国の生産者の状況が改善されていないため、検査を通り抜けている危険な食材、食品は大量にあるといえるでしょう。日本は中国から大量に輸入をしているので、商品を購入しないという選択が大切になります。見た目では絶対に判別できないので購入しないということが大切です。

基準値を超える大量の危険成分の実態

基準値を超える大量の危険成分の実態

危険な成分が大量に含まれる背景には、とにかくお金儲け、そして出荷させることだけが目的だからです。何でも使ってしまって、出荷さえできれば中国の生産者は困りません。逆に商品が出荷できないという事態を避ける為に大量の薬品や危険成分を使うということが実態です。

過去に比べて現在は多少マシにはなっているものの、中国の環境が大きく変化しているわけではないのでまだまだ問題が隠されています。牛肉棒の事件を例にしても、私達の身近な商品が次々に危険にさらされていることがわかります。改めて中国で作られる商品や物を購入しないようにすることが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

健康被害が引き起こされてからは遅いので、まず私達にできることは身近な商品に中国産がないかをチェックすることです。その上で健康について改めて考えていく必要があります。健康を維持する為には中国産の商品を購入しないことが大切です。