中国産の冷凍あさりの驚きの大問題について

中国産の冷凍あさりの驚きの大問題について

中国産から輸入した食品から基準値を超える様々な成分が検出されたり、汚染された環境で作られた成分は人体に多くの悪影響を与えることが近年発覚しています。

その例として「冷凍あさり」では、「下痢性貝毒」というものが検出されました。

下痢性貝毒というのは大変危険なもので、食後約30分~3時間程度の間に発症するものです。

具体的な症状は激しい下痢、嘔吐、腹痛などが引き起こされます。

多くの人にとって命に別状はありませんが、激しい下痢や嘔吐によって体内の水分が失われるため、人によっては命に関わる問題になってしまいます。

体から毒が抜けるまで約3~4日程度といわれているため、非常に危険な症状となっています。

このような「下痢性貝毒」が検出された例をみても、中国の汚染された環境で育った食材は大変危険なことだと理解してもらえるでしょう。

乳幼児や体調が悪い人にとっては危険があることを理解する

乳幼児や体調が悪い人にとっては危険があることを理解する

特に気を付けておきたいのが乳幼児やご高齢のような人たちです。免疫力が低下している状態での「下痢性貝毒」の感染はその人の体力を著しく低下させてしまいます。

特に乳幼児の場合は命の危険性等も考えられます。

基本的には「あさり」などを食べさせることはないとはいえ、離乳食の際にスープなどにしてあげる場合も考えられるので注意しておきましょう。

中国産の商品は格安で販売されているので、購入しやすくなっていますが十分に気を付けることが大切です。

また世間がどれだけ安全だといったとしても、いまだに中国の環境問題が改善されたわけではありません。

ということは、まだまだ安全ではないということです。

中国産の食品には特に注意をすることが大切です。

中国の監視体制が改善されていない現状

中国の監視体制が改善されていない現状

次々に見つかる中国食品の問題ですが、いまだに中国の監視体制が改善されていないことが現状です。

また検査されている環境自体も体制が不十分であり、全てをチェックしきれていないことが現状です。

この状態が改善されない限りは中国産の食品が安全ではないということを理解しておきましょう。

日本は輸入して成り立っている国なので、特にこの辺りを消費者が十分に理解しておかなければいけません。

正しい知識がなければ、それが原因で健康被害を招くリスクがあることを覚えておきましょう。

安全でおいしい物を食べる為には私達自身が注意をしなければいけない時代だということを肝に銘じておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国の環境汚染の影響は世界各国に多くの影響を与えてしまっています。冷凍食品は非常に便利な物ですが、取り扱う際は生産地が大切だということを忘れてはいけません。
中国産の商品には未だに危険性があるということも理解しておきましょう。