中国産の冷凍いんげんによる健康被害の実情

中国産の冷凍いんげんによる健康被害の実情

2008年ごろに発覚した問題ですが、ニチレイフーズから販売されていた中国産の冷凍インゲンから「農薬」が検出され、その影響によって食品被害が起きたケースがあります。

この冷凍インゲンから基準値を3万倍ほど超える農薬量が検出され、中国産の商品の危険性を世間に知らせることになりました。

またその農薬は「ジクロルボス」というもので、ゴキブリなどの殺虫剤としても使われる大変危険な成分が含まれていることも発覚しました。

ジクロルボスが口に入ることで、口の痺れ、吐き気、呼吸困難等が起きるだけでなく、最悪の場合は命を失う危険性もあります。

中国産の商品に関してはこのような事例が多く、安全性問題については2016年現在もまだまだ安心することが出来ません。

食品を購入する際は注意をして購入することが大切です。

ジクロルボスの健康被害と体への影響とは?

ジクロルボスの健康被害と体への影響とは?

ジクロルボスは中国産の冷凍インゲンや中国産の冷凍さばなどに含まれていたことが分かっています。この成分は農薬として使われており、多くの農家や家庭などでも利用されています。

その一番分かりやすい例が「殺虫剤」です。

ただし、この成分は日本には薬事法で劇薬指定されているものであり、取り扱いには非常に注意が必要な成分となっています。

中国の場合は、これらの禁止薬物(ジクロルボス以外なども大量に使って)を用いて作物を安定して出荷させることが目的であり、健康のことを考えて製造しているということではありません。

つまり「お金」の為に、禁止薬物を使い、製造をしているということです。

中国産の商品が何故「健康被害が多いの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、こういった背景があるということを理解しておきましょう。

ジクロルボスの危険な影響とその毒性について

ジクロルボスの危険な影響とその毒性について

ジクロルボスは研究によって証明されていることですが、「発がん性」があることがわかっています。日本では取り扱うことが可能ですが、世界の一部の国では販売などが制限されている場所もあります。

それだけ「危険性」が高く、人体に悪影響を与えてしまうということです。

ジクロルボスが体内に入ると、まず吐き気、嘔吐などの症状が出たり、胃痙攣、下痢などの症状が現れます。

また量が多ければ多いほど、頭痛、意識混濁、倦怠感等などの症状が出てしまいます。

最悪の場合命を落とすケースもある成分なのでとても注意が必要です。

また中国産の食品にはジクロルボス以外の劇薬指定されている農薬が大量に使われているケースがあるので、価格が安いからといって購入するのは大変危険です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国産の食品については利用者側が慎重に選ばないといけないということを再認識しましょう。安全かどうかを決めるのは利用者の判断でしかありません。
食の安全について理解を深め、健康被害のリスクを減らすには中国産の食品がどれだけ危険なのかを知る必要があります。