話題になった冷凍餃子問題

話題になった冷凍餃子問題

2007年頃に話題になった冷凍餃子事件とは、中国産の冷凍餃子を食べた消費者が大量に下痢、食中毒症状を訴えたことで発覚した問題です。この餃子から検出されたのは有毒として危険指定されている「メタミドホス」という成分で、この商品を販売していた中国業者が逮捕されました。

さらにこの問題から様々な中国環境問題が取りざたされ、冷凍餃子以外にも沢山の問題が発覚しました。禁止されている農薬の使用、使用量の問題などもあり、中国産の食品が危険であるということも世の中に広く知れ渡った事件でもあります。

こうした問題が発覚した理由には中国側管理の甘さがあげられます。この体制は日本と比べて今も緩い状態が続いているので、中国産の食品に関して現在も消費者個々人が自衛する必要があります。

健康被害を減らすために大切なこと

健康被害を減らすために大切なこと

何故このような事態が起きるかというと、輸入される全ての商品が完全に検査されていないという問題があります。私たちに出来ることは中国産を選ばないという行動しかありません。中国産を食べることは体に悪影響を及ぼすことに繋がるため、注意することが大切です。

中国食品の中で当たり前のように食べているもの

中国食品の中で当たり前のように食べているもの

具体的に言えば、私たちが普段食べているたまねぎですが、外食の場合は中国産が使われている場合が殆どです。日本で開発された品種を中国で栽培して輸入しているケースがありますが、このたまねぎのことを「ムキタマ」と呼びます。※皮をむいたたまねぎの状態
このたまねぎは外食では主に、ハンバーガー、ハンバーグ、スープ類、乾燥野菜等に用いられています。

気付いていないだけの方も非常に多いですが、外食産業も中国産を利用しているケースがとても多いので危険があるということを理解しておきましょう。

他にも、落花生、にんにく、ハマグリ、うなぎ、加工食品も中国産の物が多く出回っているので注意が必要です。

外食を食べることは悪いことだとはいいませんが、食べることで私たちの体にどれだけの影響を及ぼすかを理解しながら食べることをお勧めします。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

全ての食材が安全かというと、そうではありません。中国産以外の商品でも危険な食品、汚染食品はあります。私たちに大切なことは「上手に利用する」ことと頻度を考えて使用することです。ただ、その中でも中国産の食品は危険だということを把握し、利用することを制限することが望ましいといえるでしょう。