国内の外食産業の注意

国内の外食産業の注意

私たち日本には数多くの外食産業があります。そして味も美味しく、価格も安いので気軽に食事することが出来るのが魅力ですが実はある危険性があります。

その危険性とは「原材料の生産地」です。外食産業の殆どは大量に食材を仕入れる為にコストの安い産地から購入しますが、その購入場所が中国のケースがとても多いです。つまり汚染食品、危険な食材を利用して商品が作られているということです。

中国で作られている食材が何故危険なのかというと、大量の農薬を使っていること、汚染された水で作物が作られていること、大量の化学肥料が使われた土を利用していることなどがあげられますが、このような環境で作られた野菜が安全であるわけがありませんし、しっかりと研究・調査されたことによって証明されています。

つまり、この食材を利用されて作られている外食産業は私たちにとってあまり良い影響を及ぼさないということです。外食が多い人は、外食について少し考えることをオススメします。

中国産の食品の具体的なリスト

中国産の食品の具体的なリスト

にんじん、落花生、ごぼう、乾燥野菜、たまねぎ、ハマグリ、昆布、清涼飲料水、肉類、セロリ、たらこ、小豆、冷凍食品、ゆば、ピータン、ソーセージ、春雨、乾燥シイタケ、乾燥きくらげなどがあります。(ほんの一部です)

ごく一部をピックアップしてみましたが、この他にも沢山の商品が存在しています。これらの食材が使われている外食産業の安全性を考えるとあまり良いとはいえませんし、上記での話を理解してもらえると分かるように、非常に危険性が高いです。外食が多い方は少し気をつけることが大切です。

外食で使われているシーンとは?

外食で使われているシーンとは?

このような食材が使われている例で言えば、ファミリーレストラン、ハンバーガーショップなどがありますが、基本的には殆どの外食メーカーは中国産を利用しています。その理由は安いからです。美味しく味付けされてるとはいえ、体にとって良い影響はありません。

当たり前のように食べている外食ですが、危険性も理解しておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

外食だから全てが危険というわけではありませんが、食材によっては危険な物もあるのは事実です。だからといって外食を全て避けるということではなく、外食の頻度を減らしたり、外食を控えたり、外食を食べる際もメニューを選んだりしながら上手に付き合っていくことが大切です。