中国で作られていたフリーズドライキムチに含まれていた危険な成分とは?

中国で作られていたフリーズドライキムチに含まれていた危険な成分とは?

環境汚染問題が取り出されている中国では様々な食品被害が生まれています。その一部として「フリーズドライキムチ」に含まれていたポリソルベートが問題になっています。チョコレートや焼き菓子などにはある程度の利用は認められているものの、今回のフリーズドライキムチの問題は非常に安全面を疑う事件となっています。理由は基準値を超える数値、また中国で入れ放題になっているという事実です。

体内に蓄積されることによって発がん性、アレルギー症状などが発症することが家訓陣されています。食品添加物は基本的に大量に摂取すべきではありません。それらが大量に含まれている中国食品は非常に危険であるということを理解しておきましょう。

ポリソルベートの安全性と危険について

ポリソルベートの安全性と危険について

様々な食品に乳化剤である「ポリソルベート」が使われていますが、この成分を大量に摂取し続けると発がん性の疑いが極めて高くなります。また商品に記載されている場合「乳化剤」としか記述されていないことが多く、実際にはどのような乳化剤が配合されているかを知ることは中々難しいのが現状です。

乳化剤にも合成系と天然系の2種類があります。合成系に分類されるのが主に「ポリソルベート」となります。即効性の毒性は確認されていませんが、長く蓄積されることで体に何かしらの健康被害が出ることが確認されています。(発がん性等)

食品添加物が大量に含まれている商品というのは人体にとって悪影響であることに変わりはないので注意が必要です。

食品添加物の安全性と健康被害について

食品添加物の安全性と健康被害について

食品添加物について差ほど危険ではないと思っていない方も多いかもしれませんが、長く蓄積されることで多くの健康被害を発症する恐れがあります。安定剤、乳化剤、香料、着色料、様々な種類の添加物がありますが、人工的に「作り上げた」物だということを認識しておきましょう。

見た目、香り、味などを整えることができるのが添加物です。人工的に作られたものが健康に良いわけはありません。勘違いされるかもしれませんが、基本的に即効性の毒性はありません。ただし、長く摂取し続けるということはあまりオススメできません。100円均一や格安スーパー等で販売されている商品の大半がこういったものが使われて製造されています。健康のことを考えるのなら、なるべく添加物が含まれていないものを選ぶことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

食品添加物の怖さと健康被害について理解することが、本当に安全な物を選ぶことができるようになるきっかけに繋がります。中国で作られている商品には大量の添加物が使われて作られているという事実を改めて理解することが大切です。