中国で生産されたキノコからホルムアルデヒドが検出された問題

中国で生産されたキノコからホルムアルデヒドが検出された問題

中国で生産されたキノコから驚きの成分が検出されています。それは「ホルムアルデヒド」です。ホルムアルデヒドといえば一度は聞いたことがあるという人もいるかもしれませんが、人体に入ると大変危険な影響を及ぼします。特に危険なのは大量に人体に入ってしまうことによって呼吸困難や肺腑種の症状が引き起こされることです。他にも長期的に人体に入ることによって皮膚炎、結膜炎、咽頭炎などを発症するといわれています。そして一番大問題なのは「発がん物質」が含まれていることです。これらが含まれている中国産のキノコというのは非常に危険であると同時に、絶対に摂取してはいけないものです。中国で作られている商品は私達が知らないだけで、実は様々な危険が紛れているという事実を知ることが大切です。

どうしてキノコからホルムアルデヒドが検出されたのか?

どうしてキノコからホルムアルデヒドが検出されたのか?

中国産のキノコから検出されたホルムアルデヒドですが、どうして使われるようになったかというと「腐らない」というメリットがあるからです。中国産のしいたけ(ホルムアルデヒドが検出されているもの)は1年以上水につけても腐らない理由はホルマリン漬けされているためです。つまり、一度生産してホルマリン漬けをしてしまえば、無駄なく出荷することができるということです。安定して出荷させる為にはホルムアルデヒドを利用することが最も生産者にとって「都合」が良いことから中国では使われるようになっています。食べる人のことを全く考えていない中国製品は買うに値しないものだということを再認識しておきましょう。

ホルムアルデヒト以外に検出された様々な危険な成分

ホルムアルデヒト以外に検出された様々な危険な成分

中国で作られたキノコから検出されたのは「ホルムアルデヒト」だけではありません。その他には殺虫剤の成分(ベルミナ)や、ヒ素、鉛など数々の成分が検出されています。

こういった事実から、いかに中国の生産環境が悪いかということを物語っているだけでなく、食べる人のことを全く考えていないことをわかっていただけると思います。中国の商品を買うということは何かしらの健康被害が出る可能性があるということを常に理解しておくことが大切です。

キノコの例をとってみてもこのような問題がありますが、まだまだ見つかっていない数々の事実が中国には隠されています。私達日本に輸入されている商品も完全に安全ではないので注意をして選ぶ、或いは購入を再検討することが大切です。なるべく中国産の食品を選ばないことが最もリスクを減らせる方法です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

キノコに含まれていたホルムアルデヒトは発がん性や様々な人体影響を及ぼす危険なものです。中国で作られた商品は食べる人のことを全く考えていないものばかりなので非常に危険です。私達にできることは、中国商品を買わないことが最も安全な選択だということを覚えておきましょう。