世界と比べて異なる中国人の食事マナー

世界的にみて中国の「マナー」に関しては特に最低クラスだという認識が全体であります。私達日本人からすると「考えられない」というようなレベルの行為も当たり前のように行われているのが中国人の食事マナーといっていいでしょう。

ただ、日本に留学をしていたり、海外で暮らしていた中国人の人はしっかりとしたマナーを身に着けている為、全ての人ではないということも理解しておいてください。

文化の違いによってマナーの違いはあれど、圧倒的に食事のマナーや公共の場でのマナーが悪いのは世界的にみても浮き彫りになっています。

マナーの悪さが全てを物語るわけではありませんが、こういった部分でも顕著に違いが出ているということを認識しておきましょう。

中国では物を残すことがマナーとされている文化

中国では物を残すことがマナーとされている文化

日本と圧倒的に違うのが食事の際に「残す」ことの考え方が逆転していることです。私達日本人の場合は「残す」ことは失礼としているため、なるべく残さないようにすることがマナーとなっています。
一方の中国では、残すことがマナーが良いとされている為、そもそものマナーの考え方が違うということも覚えておきましょう。

ただ、現在はその考え方も少しずつ見直されつつあり、中国社会の中でもマナー改善に向けた動きが少しずつ歩みだしていることも事実です。

とはいえ、食事のマナーについては根本的な物が違う為、比較をするということは非常に難しいといえます。

問題の中国人の具体的な食事マナーについて

問題の中国人の具体的な食事マナーについて

日本、ヨーロッパ、そして世界的にみて標準のマナーはキレイに食べる、美しく食べる、或いは様々なテーブルマナーが存在しますが、中国では基本的にはノーマナーとなっています。

具体的に言えば下記のようになっています。
1.汚く食べ散らかす
2.食べれない物はテーブルに吐き出す
3.大声で騒いで食べる
4.食事中のゲップ
5.飲食中のタバコ

このように世界的にみても全く異なる食文化が中国であり、基本的にはノーマナーが主流となっています。

簡単にまとめると食事中は何も考えず、好きなように食べ、飲み、そして騒ぐというのが中国人の食事マナーとなっています。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

世界的にみて全く違う食事マナーは他の国と比較をしても圧倒的に異なります。
文化の違いによって根本的な「マナー」に対する考え方が違うことが影響しています。
全ての中国人ということではありませんが、基本的にはこういった文化で育っているということを理解しておきましょう。