信じられない注水肉の問題と現状

信じられない注水肉の問題と現状

中国では当たり前のように行われている行為ですが、私たち日本人にとっては驚愕の事実ばかりが問題になっています。その一つとして「注水肉」問題があります。注水肉というのは「注射器」などを浸かって肉に水を注入し、肉自体の重さを水増しさせる方法です。 これによって規定の重さになるため出荷させることが出来るようになります。中国の現地では、売られている肉を指で押して水が入っていないかを確認するといいます。

また最近の問題としては、水を注入する技術の向上により中々見分けが付きにくいということやちょっと押したぐらいでは判別できないとまで言われています。改めて中国の現状は大変危険だということを理解してもらえると思いますが、中国産を購入すること自体に良いことは全くないといっていいでしょう。

中国の製造の流れの実態とは

中国の製造の流れの実態とは

中国商品の危険は、環境汚染による問題だけではありません。それを生産する「人」にも問題があります。例えば、食品を製造する場合の例を取ってみると日本では「手を洗う」ことは基本中の基本ですが、中国の生産者達は基本的に洗ったりしません。つまり、自分たちが食べるわけではないので安全性についてはどうでもよいと考えています。

日本は衛生問題に厳しく、品質管理も世界的にみてトップクラスですが、海外の場合はそれほど厳しくないのが現状です。まして中国では手を洗うルールというもの自体が緩く、食品を作る際も出荷さえ出来ればよいと思っていることが一般的です。こういった事実から中国産の食品、および商品を購入するということは大変危険です。

食肉偽装の問題と日常的行為の真相

食肉偽装の問題と日常的行為の真相

中国では食肉偽装は日常茶飯事で行われています。それがもはや当たり前のような行動といってもいいでしょう。年々偽装の技術も巧妙かつ向上していることから、非常に悪質であることは誰が見ても理解してもらえることでしょう。

そして注水肉の問題で言えば、水を入れて水増しをするだけだと肉が腐敗してしまう恐れがあるので、大量の防腐剤を混ぜて製造されます。一つ大事なことを述べておくと防腐剤自体には対した害はそこまでありません(大量に摂取しなければ)ただし、それ以外にも肉の色合いを整えるために使う着色料、或いは化学製品等を大量に使うことが殆どなので、結果的に注水肉を食べるというのは大変危険ということになります。食肉偽装が当たり前に行われていることが現実なので、その事実を理解した上で中国産の商品について理解を深めましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

食肉偽装やその他の問題が次々に発覚する中国商品ですが、食べてよいことは一切ありません。健康被害のリスクを減らすためにもなるべく摂取しないように心がけましょう。また肉を選ぶ際は中国産でないかも慎重に確認することが大切です。