中国で起きた「粉ミルク」にまつわる危険な事例

中国で起きた「粉ミルク」にまつわる危険な事例

今回は赤ちゃんを持つご家庭には絶対に理解しておいてほしい重大な事件についてご紹介します。

実際に2008年ごろに発覚した粉ミルクにメラミンが混合されていた事件です。日本では同様の事件が過去にあり、様々な社会問題を巻き起こしました。

そしてこの問題が発覚した理由の背景には中国に根付くある問題が影響をしています。

それは業者が「お金儲け」のためだけに商品を製造したということです。

メラニンを入れることで商品の安全性検査をパスすることが出来るからです。

最終的には日本で発覚したものの、もしかすると未だに発覚していない事例、或いは中国商品には闇が隠されている可能性もあります。

赤ちゃんを育てるお母様方に絶対に理解してほしいことは、どれだけ安くても、どれだけお得でも中国産の商品を赤ちゃんに与えるということは何かしらの「リスク」が引き起こされる可能性があるということを頭に入れておいてほしいということです。

大切な命を守るためには、親として食の安全を考えることが大切です。

メラミンってどんな影響を与える成分なのかを知る

メラミンってどんな影響を与える成分なのかを知る

勘違いされるかもしれませんが、「メラミン」という成分に発がん性やそのほかの危険性はあまりないということが研究で証明されています。

ただし、健康被害として考えられるのが「腎臓障害」を引き起こしやすいということです。特に乳幼児にメラミンを含んだ粉ミルクを与えてしまうことで、腎臓に多大なる悪影響を与え、それによって健康被害、最悪の場合命に関わる重大なトラブルが引き起こされてしまうということです。

育児をする母親にとって粉ミルクはとても便利なアイテムであると同時に、含まれている成分によってはとてつもない悪影響を及ぼす可能性があるということを理解しておきましょう。

乳幼児を危険から守るために大切なこと

乳幼児を危険から守るために大切なこと

母親として大切な子供の命を守るために大切なことは食の安全性にもっと敏感にならなければいけません。問題が発覚したからこそ分かっているケースですが、世の中にはまだまだ発覚していない食問題なども沢山あります。

そしてそれが中国産の商品であり、多くの健康被害が確認されています。子供の安全を守るためにはまず中国産という記載がある商品は選択肢から外しておくことが良いでしょう。

またどのような成分が子供にとって悪影響を与えるのかというのも、親自身が学び、理解することが大切です。

大切な子供の命を守るためには、親自身の理解も重要であるということを覚えておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国産の商品の危険性について理解を深めることで、食の安全性について再確認することが出来ることでしょう。今回は粉ミルクについての事例をご紹介しましたが、子供は親から与えられるものでしか生きていけません。
よって親がしっかりと知識を見につけることが大切だということを覚えておいてください。