中国産のナッツ類の危険性

中国産のナッツ類の危険性

私たち消費者は生産されたものを消費して生命活動を維持していますが、摂取する食材によって体に大きな健康被害を及ぼします。その中でも中国産の商品は非常に危険といわれており、健康被害も沢山報告されていることが現状です。

例えばナッツ類に関しての事例で言えば、「アフラトキシン」というカビ毒が検出されています。このアフラトキシンは発がん性のある強い毒性があるものです。

少量でも肝臓がんを発症させる可能性があるので大変危険です。このほかにも中国産の汚染食品には沢山の問題がありますが、ナッツ類を摂取するということも大変危険です。

見つかっているのは一部という問題

見つかっているのは一部という問題

実はこの中国産の汚染食品も抜き打ちの検査によって次々に見つかっています。つまり「見つかっていない食材・食品」も存在しているということです。ナッツ類で言えば、ピーナッツ、スイカの種子、落花生などから実際に猛毒のアフラトキシンが検出されていますが、まだまだ見つかっていない汚染食品は多数あります。

そこで私たち消費者としては「物を見る目」を養うことが求められます。どういったこものが危険で、どういったものが安全なのかということをきちんと把握し、本当に体に良いものを摂取することを心がけることが大切です。

中国産は売ることが目的で作られている

中国産は売ることが目的で作られている

中国産を購入する前に知ってほしいことは、中国の生産者の方は「売る」ことだけにしか興味がありません。つまり売ってしまえば収入が入るので、健康のことは二の次ということです。

だからこそ大量に作れるように禁止されている農薬を沢山使ったり、腐っている肉でも、賞味期限が切れているものでも、とにかく何でも行って販売しています。

このような問題があるため、中国産の食品を摂取することは非常に危険です。価格は確かに安いですが、命に関わる問題もあるので基本的には摂取しないようにしましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

健康にいいつもりで購入していても実は体に悪いものを摂取している場合もあります。その具体的な例が外食です。ナッツ類のこともそうですが、付け合せの野菜、お肉の生産地などをチェックすると多くのことが分かります。中国産だけではなく、他の国にも言えることですが、まず「食べる」行為に対してきちんとした知識が必要です。健康被害を防ぐ為にも食品の安全性をしっかりと知ることが大切です。