中国産の危険なウーロン茶に含まれていた危険なものとは?

中国産の危険なウーロン茶に含まれていた危険なものとは?

私たちが当たり前のように飲んでいる「ウーロン茶」ですが、実は中国で生産されたウーロン茶の成分の中に基準値を超える農薬が検出されました。

このウーロン茶に含まれていた農薬を「フィプロニル」といいますが、本来ゴキブリやノミなどの駆除などに使われる成分です。

この成分は猛毒として認定されており、手で触れるだけでも大変危険なものです。日本ではあまり触れられていないことですが、万が一体内に入るとと多くの健康被害が出るといわれています。

中国から輸入される商品の大半がこのような問題があるというのは、いつまでも無視をしていて良い問題ではありません。

食品だけでなく、乾燥食品、乾物であっても危険であるということを忘れないようにしておきましょう。

報道による意見と実際の実情が違うということを理解する

報道による意見と実際の実情が違うということを理解する

報道においては、基準値を超える量が検出されたとしても「健康への被害はあまりない」といわれていましたが、実際に体内に入って良い事は一切ありません。

つまり中国産のウーロン茶を飲むということは、近い将来に何かしらの健康被害が出る可能性があるということを忘れないで下さい。

2013年頃に発覚した問題であり、現在は多少の改善が見込めると思うかもしれませんが実際には安心できません。

まだまだ検査を通り抜けている業者は沢山あるので、中国産の商品を購入する際は気をつけることが必須です。

価格が安いからといって「購入」するという考えを見直すことが私たち消費者にとっては大切です。

本当に安心のウーロン茶を飲む為には?

本当に安心のウーロン茶を飲む為には?

ウーロン茶を購入する際には必ず原産地をチェックしてください。パッケージの謳い文句はあまり意味がありません。

なぜならば、良い言葉が書いていても実際には中国産であれば決して安全ではない可能性が高いからです。

つまり、安心できるウーロン茶を買うためには産地を見るだけでなく、その商品の価格や特徴等を調べる必要があるということです。

ここまですると多少面倒だと感じる方もいるかもしれません。その場合は「国産」のウーロン茶を購入することをオススメします。

多少高くても、中国産に比べると確実に安心です。全ての国産が安心ということではありませんが、海外商品に比べては「安全性」「品質」が高いことは日本の品質管理の高さが証明しています。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

私たちは何気なく飲んでいるものであっても実は健康被害を招く恐れがある可能性があることを忘れないようにしておきましょう。
特に外食の場合は細かく産地等を知ることが出来ないため、より注意をしておくことが大切です。