山崎ナビスコ製造のオレオが中国産になっている事実

山崎ナビスコ製造のオレオが中国産になっている事実

山崎ナビスコから販売されている「オレオ」が中国産になったことが話題になっていますが、簡単にまとめると今後の製造が北京に拠点を構える「モンデリーズ・インターナショナル」で作られるということで安全性について問題視されています。

どうしてこのような事態になったかというとヤマザキナビスコのブランドライセンス契約が8月31日で終了する為です。
この影響を受けて、オレオの製造販売を引き継ぐモンデリーズジャパンが中国での製造を行うと事業戦略で発表をしたことにより、この騒動が巻き起こっています。

中国産の商品の数々の危険性を考えるとオレオについての安全性も今後慎重に考えなければいけないといえるでしょう。

商品の安全性について

商品の安全性について

実際にモンデリーズ・ジャパンが発表した安全性に関する内容を簡単にまとめると、品質管理や製造においては一定の基準を設けているということですが、実際に中国で引き起こされている数々の問題は、この「体制」自体が機能していないことが多く、発表をしていても結果的に意味があまりないと感じる人も多いと思います。

現状、中国の環境汚染問題は深刻であり、大気、水質、土壌全てが汚染されています。この環境で作られる食品自体が安全である保障はありません。

今後のオレオについても購入される際は安全性について慎重に考える必要があります。
中国産の商品はどれだけ安全に作られたとしても、環境が汚染されている状況だということを忘れてはいけません。

今後も考えられる食品被害

今後も考えられる食品被害

オレオの件でもそうですが、お菓子自体も様々な理由を基に中国で作られるという可能性が考えられます。
オレオ以外にはナビスコ商品で有名なリッツなどもその部類に含まれます。

今までの中国産の問題を考えると、様々な物が混入されるケースもあるので特に乳幼児やお子様のおやつとして食べさせる場合は慎重に判断することをオススメします。

健康被害が起きてからでは防ぎようがないので、摂取する前にきちんと食の安全性について考えることが何よりも大切です。

また、オレオ以外のお菓子でも同様のことが言えるので購入の際には商品のパッケージを必ずチェックすることも大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

オレオが中国産になるということについて細かくまとめてみましたが、今後の安全性については慎重に判断していく必要があります。
他のお菓子でも同様ですが、購入の際は産地や工場名、或いは作られている場所などをチェックすることが大切です。