・黒ダックと言われる北京で起きた危険な食品被害

黒ダックと言われる北京で起きた危険な食品被害

中国で代表的な食べ物といえば「北京ダック」がありますが、この北京ダックに「腐った肉塊」が詰められて販売されていた事件が発覚しました。別名黒ダックといいますが、中国業者が腐った肉を再利用し、北京ダックとして偽装して利用していたということがわかっています。中国を代表する名物料理でもこのようなことが起きているのは、我々日本人からすると有り得ないように感じると思いますが、中国ではこういったことは「当たり前」のように繰り返されています。

中国で作られるものが非常に危険であるというのは食べる人たちのことを全く考えていない中国人の考えそのものにあります。

食品被害は今もなお後を絶たない為、中国食品を口にすることを控えることが最も効果的な対策となっています。

腐った肉とはどのようにして作られる?

腐った肉とはどのようにして作られる?

主に腐った肉というのは販売できなくなった肉、病死している肉、肉のカスの寄せ集めなどを化学薬品などを大量に使い、調味料、香料、着色料などを利用し、見た目を偽装して作られます。

こうすることで本来捨てるはずの肉類を販売することができ、生産者としてはお金を儲けることができます。完全に食べる人たちのことを無視してこのようなことが当たり前に繰り返されている中国社会は、我々日本人は特に警戒しなければいけません。テレビや新聞などで報道されているケースと報道されていないケースがあるため、私達にできることは危険であるということを理解し、食べないようにすることが大切です。

大量の薬品が使われている北京ダックと食品

大量の薬品が使われている北京ダックと食品

北京ダックの例をご紹介しましたが、見た目、臭い、味などはある程度化学調味料を使うことで偽装することが可能です。

見た目上では判断することはとても難しいため、食べただけではほとんどわかりません。その為、問題が発覚するのは何等かの症状が発症したというケースが想定されます。安全だと思って食べていても健康被害になってしまえば全く意味がありません。結論からいうと健康被害から身を守る為には中国商品を購入すべきではありません。

健康被害が起きてからでは遅いので、自分の身を守るためにも中国食品の危険を理解し、選ばないようにすることが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

何でも偽装工作をすることが当たり前な中国では非常に危険な食品被害が多発しています。我々日本人も無関係ではありません。中国から大量の商品や物を輸入している為注意が必要です。健康被害から身を守る為にも中国商品には細心の注意を払うことが大切です。