・激安牛肉に隠された驚愕の事実と問題

激安牛肉に隠された驚愕の事実と問題

激安で販売されていた中国の牛肉にとある問題が発覚しました。それは豚肉を染色して牛肉に偽装していたという事件です。中国で見つかった今回の事件は、利用者が水洗いをした際に染色で色を付けていた牛肉の色が落ち、肉が白くなったことで豚肉だということが発覚しています。今回の事例では「豚肉」が使われていたことで世間的なバッシングはあまりありませんでしたが、見つかっていないだけで「豚肉以外の肉」が使われている可能性も考えられます。中国では見た目を偽装して販売するということは当たり前の行動ですので、改めて中国食品の危険を再確認しなければいけません。健康被害が出てからでは遅いので、中国で作られているものが危険だということを理解した上で購入しないことが大切です。

染色だけではなく大量の化学薬品を使っている事実

染色だけではなく大量の化学薬品を使っている事実

中国では見た目を偽装するために大量の化学薬品を使っています。染色液は勿論のこと、香料や着色料などとにかく大量に化学薬品を用いて偽装しています。またこれらが日常的に行われている行為なため、どの業者が販売しているものが危険だということではなく、中国全ての生産者が危険な可能性が高いです。廃棄されていたものを再利用したり、下水を利用したり、とにかく汚染された環境だけが問題ではなく、そこで生産する人々にも問題があります。

そしてこの染料に使われていたものは「牛肉膏」というものですが、摂取することで慢性的な中国を引き起こしたり、奇形胎児の出生率の増加、がんの誘発などの問題があります。こういった事実から、中国で作られているものは基本的には購入しない方がよいといえるでしょう。

・中国のバレないと思って何でも行われる環境

コスト重視の中国の生産者が生み出す危険な物

コスト重視でしか生産をしていない中国業者は、儲ける為ならどんな手口でも行います。豚肉を牛肉に偽装することで大幅なコストダウンと、利益がある為、殆どの業者が行っていたことも発覚しています。コスト重視で何でも行っているため、どれが安全でどれか危険かの区別もありません。ただ一つ言えることは、作られる全ての物が危険であることは間違いありません。中国で作られているものが多くの健康被害を生み出す理由は、環境問題だけでなく人自体に問題があることを理解しておく必要があります。

安全な物を接種するためには中国産の商品を選択肢から外すことが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

豚肉を偽装して牛肉にしていた事件に関しても、中国業者がお金儲けのことしか考えていないという現状があります。これらの現状が解決されない限り、決して安全な物が作られるということはないといえるでしょう。私達にできることは中国産の商品を選ばないことだということを再度理解する必要があります。