中国食品の問題点とは?

中国食品の問題点とは?

中国産の食品には多くの問題があります。その中でも取り上げられているのが汚染食品問題です。汚染食品が出来る背景には中国という土地の環境問題が挙げられます。中国の中でも地域によってその差が顕著に出るため、作られる食材に関しても問題レベルが極端に異なる場合もあります。

汚染された水で作る野菜が汚染されていないわけがありません。また大量の野菜を安定したレベルで作るには「農薬」の使用量もあげなければいけませんし、害虫を駆除するためには日本で禁止されているような農薬も使用しなくてはなりません。

こういった体制が当たり前のように行われているのは「規制が緩い」ということもありますが、それが当然だというような環境にこそ問題があります。

中国の環境問題

中国の環境問題

私たち日本でも昔から問題として挙げられていましたが、環境問題を考えずに様々な社会活動を続けている企業が排出する汚染された有害物質が土地、水などを汚し、その汚れた水を使って農作物が使られたことによって水俣病、イタイタイ病などの問題が引き起こされました。

中国でもこれと似たような状況が続いていることによって「汚染食品」が今も作られ続けています。

日本では早い段階でこの問題に着目し、改善の為に国としての規制を強め、禁止農薬・化学肥料を使用禁止にしましたが、中国ではそのようなことがグレーな状態となっています。

中国の環境問題

中国の環境問題

では何故このような中国産の食品が当たり前のように日本に輸入されるのかというと、検査に非常にお金がかかってしまうからです。この検査は農民が負担をするという問題があるということや、農薬を検査するためにも非常にお金がかかります。

よって検査されない状況が続いてしまい、汚染された食品が日本に輸入されてしまいます。

また国としての検査の体制の緩さも問題としてあげられています。政府自体がその辺りを厳しく規制していないことにも重大な問題がありますが、中々改善されていないことも非常に問題として浮き彫りになっています。過去に比べてこの辺りはだいぶ管理されるようになったとはいえ、いまだに現状が改善されていない状況が続いています。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

上記で中国産の食品の危険について述べてきましたが、こういった問題が今もなお続いているため、中国産の食品を摂取しないことが何より安全だということです。私たち消費者は「選ぶ」ことが出来ます。中国産の食品を摂取するということは非常に危険だということを理解し、それをなるべく選ばないように正しい判断力を身につけることが大切です。