本場中国のラーメンの味はどう?

本場中国のラーメンの味はどう?

本場中国のラーメンの味について気になる方もたくさんいるかもしれませんが、実際には日本人に合う味ではない為、はっきりといえば美味しくないという意見が圧倒的に多いです。
日本人向けの味ではないという点だけでなく、中国で作られている「麺=小麦粉」「スープ=汚染水」などの事を考えると、とてもじゃないですが食べれるような物ではありません。

食の安全、味の両面から考えても日本人にはあまり合う味ではないということを覚えておくと良いでしょう。

ただ、繁華街を始めとしたエリアでは観光客向けの「味」を提供している屋台やレストランなども多数あるため、全てのラーメンが美味しくないということではありません。
あくまでも、日本人に合う味が少ないということを理解しておきましょう。

日本人のラーメンと中国人のラーメンは意味が異なる

日本人のラーメンと中国人のラーメンは意味が異なる

本来、日本人が指す「ラーメン」と中国で作られている「拉面(らーめん)」は同じ名前でも意味が異なるということを理解する必要があります。 ラーメンとは、日本人が日本人に合う味を創意工夫して発展させてきたものであり、中国の「拉面」とは文化が異なります。

よって、中国で提供されている「拉面」が日本人に合う味ではないということに繋がっています。

つまり同じラーメンというジャンルでひとくくりできない為、極論でいえば厳密な比較ができないということになります。

ただ上記で述べたように、味、安全性を考えると日本人の味覚にはあまり合わないということは事実です。
※御幣がありますが美味しいラーメンもあります

中国でラーメンを食べる際は日本ベースで考えない

中国でラーメンを食べる際は日本ベースで考えない

先程も述べましたが、中国のラーメンと、日本のラーメンは似て非なるものなので、日本で作られているラーメンを創造して食べるのではなく、全く別物として捉えて食べることが大切です。

味、具、スープを含めて殆ど異なるので同じラーメンだと思って食べるとそのギャップが大きくなってしまいます。

中国のラーメンが美味しいかどうかの前に、全く違うものだということを認識し、その上で召し上がることをオススメします。

味については賛否両論はあれど、基本的には日本人の味覚に合うものではないのであまりオススメできるものではありません。

同じラーメンでも中国と日本ではこれだけ違うということを改めて認識しておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

日本で馴染みの深いラーメンも、中国と比較をすると大きな違いがあります。同じ「ラーメン」と思うかもしれませんが、根本的に違うということを理解しておくことが大切です。
美味しいかどうかは人の判断によりますが、安全性や品質などを見ると、日本人向けではないということがはっきりとみて取れます。