山本漢方の減肥茶の気になる真相について

山本漢方の減肥茶の気になる真相について

山本漢方では非常に数多くの商品を取り扱っています。一部問題になっていたのが「青汁が中国産」であったことです。
今回は減肥茶について細かく調べたことについてまとめていきたいと思います。

そもそも「減肥茶」というのは、肥満や脂肪吸収を抑える為に作られたブレンド茶のことをいいます。
大事なのは「販売されているメーカーによってベース」が異なるということです。
一般的には烏龍茶、中国茶などをべースにしていたり、その他数種類のお茶を組み合わせている場合などもあります。
問題はこの組み合わせがどの「お茶葉」と混ぜ合わせているかが大切になってきます。

減肥茶の効果と産地問題について

減肥茶の効果と産地問題について

お茶には様々な効能がありますが、一番メジャーな効果としては脂肪吸収を抑制してくれることです。色々な茶葉がありますが基本的には本来の性質としてはこのような効果が期待できます。

そして産地問題についてですが、どれだけ脂肪吸収を抑制することができる茶葉あっても茶葉が作られている環境が大気汚染、環境汚染で問題になっていれば話は別です。
大量の農薬を浴びた茶葉を原材料にして作られたお茶を飲めば体内に危険な成分を取り入れることになってしまうからです。
山本漢方の商品の安全管理体制が整っているとかの問題ではなく、「中国産」を使っていればその時点で意味がないということを理解しておく必要があります。

山本漢方の減肥茶の解説

山本漢方の減肥茶の解説

山本漢方の減肥茶には烏龍茶、どくだみ、ハトムギ、明日葉、桑の葉、ゴーヤ、ギムネマ等をブレンドしているお茶となっています。
沢山の茶葉や素材を混ぜ合わせていることは素晴らしいですが、どの素材がどこで生産されているかは明記されていません。
一部の素材のみきちんと記述されていますが、中国産である可能性も考えられます。

一つの素材が無農薬であっても、大量に農薬を使って作られた茶葉とブレンドをしていれば結果的に意味がありません。

山本漢方の商品のラインナップは非常に沢山ありますが、このような危険性があるということを十分に理解しておく必要があります。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

山本漢方の減肥茶を購入する際は危険が含まれている可能性があるということを理解した上で購入することが大切です。
また心配な方は実際に公式サイトから問い合わせをするなどの行動も大切です。
身体に悪影響を与えるものを摂取しない為にはこうした行動が最も大切だということを覚えておきましょう。