中国の汚れた環境が生み出したカドミウム米の実態について

中国の汚れた環境が生み出したカドミウム米の実態について

中国の汚染問題は年々深刻になり、多くの健康被害を生み出しています。その一例として大気汚染、水質汚染、土壌汚染などがあげられます。これらは中国で暮らす人々にも影響を与えるだけでなく、中国で生産している全ての食品、製造物にも大ダメージを与えています。例えば、中国で作られたお米には「カドミウム」が見つかりました。日本でも大事件に繋がった「イタイイタイ病」の原因になる成分です。カドミウムを体内に摂取してしまうと、腎臓障害が真っ先に引き起こされます。その後、骨軟化症という症状になり、少し動くだけで全身に痛みが走る症状となります。その他のケースとして歩行障害、或いは病的骨折等なども確認されており、大変危険な症状となっています。

イタイイタイ病を回復させるには長期期間が必要

イタイイタイ病を回復させるには長期期間が必要

中国のお米に含まれていたカドミウムによって健康被害が発生してしまった場合、長期にわたる治療が必要になってしまいます。また「骨」の病気に関してはビタミンD2等の大量投与、或いはビタミンD3などの治療が必要になります。確実に症状が回復するかどうかについては個人差があること、またカドミウムの量などによって変化するといわれています。基本的には長期的な治療が必要です。またイタイイタイ病の原因であるカドミウムは製品に混入されてしまっていた場合は「見分け」がつけられないものなので、防ぐことは大変難しいです。その為、健康被害のリスクを軽減させるには中国産の商品を購入しないという選択肢が最も効果的です。

日本で起きた産地偽装の問題

日本で起きた産地偽装の問題

日本で販売されていた国産米には、実は「偽装問題」を行っている業者が見つかりました。それは大手スーパー等で販売されていたお米です。一般的には格安であり、非常にコスパが良い事で知られていたお米ですが、実はこのお米は国産米+中国米を混合させて作られていたことがわかっています。お米の例だけではなく、中国産の商品を混ぜ合わせて加工された商品、製造物なども沢山あるため、私たち日本人はさらに食品安全の危機管理を磨くことが大切になります。大切な健康を守り続ける為には正しい知識、そして理解が必要だということ、そして中国産の商品だけでなく、日本で販売されている商品を購入する際も「産地」などを細かくチェックすることが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

カドミウムによる影響は人体にとてつもなく悪影響を与えてしまいます。健康被害を引き起こさないためには、安全な食べ物を自分で取捨選択していくしかありません。そのためにはまず中国産の商品を購入しないという強い意思が必要になります。