中国改正食品安全法とは?

中国改正食品安全法とは?

簡単にまとめると、2015年4月頃に取り決められた食品の安全に関するルールのことを指します。
実際に検索すると資料が簡単に見つかるので興味がある人はご覧になることをオススメします。

内容についてですが「食品の生産や取扱に関して」「食品の輸出・輸入について」「法的責任」等が記載されています。

そしてこの中国改正食品安全法は食品の「安全性」を守るものであり、生命や健康に関しての安全を保障することを目的として決められています。

度重なる、中国食品の危険な影響を受けてこのような体制が整えられました。これにより、日本に輸入される中国商品が依然に比べて格段に安全になっています。

具体的な内容とその詳細について

具体的な内容とその詳細について

実際に資料をチェックしてみても難しい言葉で記載されているため、簡単にわかりやすく解説していきます。

1.毒性の高い薬品(農薬等)を国が定めた作物に使ってはいけない
2.健康食品のラべルに「治療効果がある」というような表示をしてはいけない
3.乳幼児食品等は品質管理を生産過程から厳密に行う。また乳児用ミルクパウダーの配合関しては必ず「食品薬品監督管理総局」に登録しなければいけない
4.ネットショッピングに関しての食品も監視対象になる
5.遺伝子組み換え食品に関してはどの段階でも表示をしなければいけない。

簡単にまとめると、このような内容になっています。
そしてこの法律は中国の中でもトップクラスの食品安全法といわれており、とても厳しいルールとなっています。

中国改正食品安全法によって何が変わる?

中国改正食品安全法によって何が変わる?

中国改正食品安全法によって変わることは、中国から輸入される商品の安全性が確保されるということです。

ただし一点注意があります。それはどれだけルールを厳しく設定していても、中
国の環境汚染問題が解決していないことです。
汚染された環境で育った作物は何かしらの危険が潜んでいるということを忘れないでください。
農薬、薬品等のルールが厳密に決められたことによって安全性はかなり高まりましたが、それでも様々な危険が潜んでいるということを理解する必要があります。

中国改正食品安全法が定められたとはいえ、中国から輸入されている商品を購入の際は慎重に判断する必要があります。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国改正食品安全法によって、日本に輸入される食品の安全性が確保されました。ただし、それでも様々な危険性が潜んでいることは事実です。
中国商品を購入する際は、何かしらの危険があるということを肝に銘じておくことが大切です。