危険な中国産のしいたけの問題とは?

危険な中国産のしいたけの問題とは?

中国産のしいたけには大量の危険成分が検出されたことが大問題となった事件ですが、この西部にはホルムアルデヒト、ヒ素、鉛、カドミウムなどの大量の成分が検出されています。

摂取することで人体に悪影響を与え、健康被害が出ることが確実であり、最悪の場合は命を落とす危険性があることも発覚しています。

また最も危険なのはホルムアルデヒドはシックハウス症候群を引き起こす恐れがあるということ。

シックハウス症候群とはめまい、倦怠感、頭痛、湿疹、喉や呼吸器の痛みなどが現れる症状のことを指します。

そしてホルムアルデヒドを水溶液(液体ということ)にしたものをホルマリンと呼びますが、これを用いてしいたけを作っているので腐らないしいたけを作ることが可能です。

中国産のしいたけが腐らない、長持ちする理由は「ホルマリン」を用いていたことがわかっており、摂取することで甚大な悪影響を与える可能性があります。

薬品付けされたしいたけの危険性について

薬品付けされたしいたけの危険性について

中国産の商品の大半は薬品付けされているといっても過言ではないほど、当たり前のようにそういった行為を行って生産されています。

薬品付けされた商品が体にとって良いわけがありませんし、体に入ることで様々な健康被害を招くことは理解してもらえると思います。

先程上記でホルムアルデヒトについての危険性を軽く述べましたが、この成分には発がん性があることもわかっています。

中国産のしいたけを食べることは、自分の命を縮める可能性があることや健康被害があるということを改めて再認識することが必要です。

よって結論で言えば、中国産のしいたけを食べないほうが良いということになります。

大量の食品添加物と香料や着色料を使っている現状

大量の食品添加物と香料や着色料を使っている現状

危険な薬品だけでなく、臭い、色(見た目)等も薬品を使って加工しているのが中国業者の実態です。食品を作っている農家の人たちが見れば分かるようなことでも、私たち消費者が見た目だけで分からないのは「巧妙な細工」が施されているためです。

中国産がどれだけ安全だといわれていても、こういった実態がある以上は食べないことをオススメします。

また格安で販売されている商品の中には中国産が紛れている可能性があるので十分に気をつけることが大切です。

自分の健康を守るためには、正しい知識と理解が必要であるということを忘れないようにしておきましょう。

そして中国産の危険について再確認することが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

乾物だから安心、中国産でも「安全」と書かれているから大丈夫ということではなく、必ず生産地を細かく調べることが大切です。
パッケージに書かれている文章で判断することはなるべく控えましょう。
ちょっと価格が安いからといって購入するのではなく、良く考えて購入していくことが安全を守る上では大切です。