中国産のサヤエンドウに含まれていた危険な農薬とは?

中国産のサヤエンドウに含まれていた危険な農薬とは?

中国産の食品がどれだけ危険なのかを物語る事件ですが、結論でいえば「シペルメトリン」という成分が含まれていたことがわかっています。

このシペルメトリンというのは殺虫剤に使われる成分で、大量に摂取することでめまい、吐き気、頭痛、息切れ等の症状が出ます。

また皮膚や目などに直接触れることで、痛みや発熱、灼熱感などが引き起こされます。

人体にとって良いものではないことは当然のことながら理解してもらえると思いますが、こういった成分が当たり前のように使われて「作られている」という中国の環境は非常に危険であることを再認識してください。

また中国産のサヤンエンドウが大手冷凍食品メーカー等で使われているケースなどもあり、非常に危険な状態になっていることも忘れてはいけません。

中国産から輸入している日本企業の問題

中国産から輸入している日本企業の問題

サヤンドウの例についてですが、日本で販売されているケースとしてはファミレスや大手チェーン店などがあげられます。

中国産の商品を輸入することはコストダウンに繋がるため、大手の殆どの場合は中国産の商品を使っているということも分かっています。

つまり「外食」をする場合は細心の注意を払わなければいけないということです。

美味しく食べているつもりでも、実は体にとって悪影響のあるものを食べている可能性があるためです。

外食だけでなく、スーパー等で購入する場合も同様です。必ず産地を見てから購入することが健康被害のリスクを防ぐたった一つの方法となっています。

大量に発覚する中国産の食品問題について

大量に発覚する中国産の食品問題について

中国の農家、製造者達はお金儲けしか考えていないので輸出する際は「検査」だけ通ることしか考えていません。

その為、大量に製造するために危険な農薬を多量に使い育てたり製造したりしています。

また中国政府の監視の緩さから検査を通ってしまう体制になっているため、防ぐことが中々出来ないのも現状です。

昔と違って多少の改善はあるものの、いまだに検査を通り抜けている可能性があることは否めません。

中国産の食品を購入すること自体は大変危険なことであり、またそれを知らずに摂取するというのは健康被害を招く恐れがあるということを忘れないようにしておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

結論で言えば中国で販売されている商品の大半が危険なものである可能性が高いということです。つまり購入の際は慎重に考えるというよりも、なるべく「選択しない」方法をとることが必要になってきます。
自分の命、家族の命を守るためには食の安全について再確認することが大切です。