可塑剤入りの問題と危険すぎる中国の実態

可塑剤入りの問題と危険すぎる中国の実態

私達が普段利用している商品の中に「しょうゆ、酒類」などがありますが、中国で作られていたこれらの商品には「可塑剤」が含まれていたことが発覚しました。この可塑剤というものは主に「材料」に柔軟性を与えるものです。これによって柔らかく変化してくれるため、加工がしやすくなるというメリットがあります。使われる用途としてはプラスチック等の加工などですが、これらが含まれている商品が健康に良いわけがないというのは誰が見ても理解してもらえるでしょう。可塑剤は非常に毒性が強く、男性の場合だと生殖能力低下に影響を及ぼす可能性があることがわかっています。また免疫系や消化機能などにも健康被害が出ることが確認されています。改めて中国の実態と危険について再確認する必要があります。

中国が取り巻く汚染環境と食品問題の原因

中国が取り巻く汚染環境と食品問題の原因

可塑剤が含まれていた今回の事件についても、中国では見つかるまで当たり前のように行われていた行為です。つまり「見つからなければ」何をやってもいいというような風潮があることは間違いありません。現状、いまだに見つかっていない問題等もたくさんあることが予想されます。こういった事実から中国商品がどれだけ危険なのかを認識する必要があります。また可塑剤は非常に危険ではあるものの、体内に入って即効性の影響を及ぼすことよりも、長く蓄積されていくことによって奇形児の原因になったり、ホルモンに異常をきたす恐れがあるので注意が必要です。

問題解消のためには、中国で作られているお酒類、しょうゆ類などの購入を控えることが最も効果的です。

酒やしょうゆ類だけでなく食品にも含まれていた事実

酒やしょうゆ類だけでなく食品にも含まれていた事実

酒、しょうゆ類に可塑剤が含まれていただけでなく、中国で販売されていた「パン類」にも同様の成分が入っていたことが発覚しています。つまり中国食品の全てが検証するべき対象であり、危険であるということです。日本で販売されている中国食品も一定の基準が設けられて輸入されていますが、それでも危険がないとは言い切れません。私達消費者が注意をして購入することが大切であると同時に、正しい知識を身につけることが必須です。どれだけ「可塑剤」が即効性の影響がないとはいえ、非常に危険であることに変わりはありません。特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭の場合は日常的に料理などで使うことが多い「しょうゆ類」には注意が必要です。健康維持の為には危険な中国商品を購入しないことをオススメします。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

可塑剤が混合されていた問題ですが、中国ではいまだに見つかっていない問題がたくさんあります。私達が健康を維持していく上でも、安全な物を選べる「目」と知識を身に着けていくことが何より大切だということを覚えておきましょう。