中国で問題になっている「危険」なもやしの実態について

中国で問題になっている「危険」なもやしの実態について

日本で食べる「もやし」は非常に格安で購入することができ、様々な料理に利用することができる食材ですが、中国で作られている「もやし」には猛毒があります。

その毒というのは日本では禁止されている劇薬を使って作られているからです。数種類以上の劇薬と化学薬品を用いて作ることで「見た目」がきれいなもやしを作ることができますが、食べると様々な悪影響を及ぼします。

またこの中国産のもやしには当然のことながら「発がん性」があることが確認されています。

中国産の食品が危険だといわれる理由は、品質の問題、安全性の問題が日本と比べて整っていないことが挙げられます。

ひげの無いもやしは危険な可能性がある

ひげの無いもやしは危険な可能性がある

中国産の毒もやしには「ひげ」がないのが特徴です。もし日本で購入する際にひげがないもやしを発見した場合は一度注意するようにしましょう。

また食材を購入する際は「生産地」をチェックし、安全であるかどうかを必ず確認することが大切です。

特に自分で購入する上では注意することができても、外食の場合は原産地を知ることが難しい場合があります。

チェーン店、コンビニ弁当等にも利用されているケースがあるので、注意をしてチェックをするようにしておきましょう。

私達の体は食べるものによって構成されるものなので、体に悪影響を与える中国産のもやしを摂取するということは、極端に言えば寿命を縮める可能性があることを忘れないようにしておきましょう。

年齢に関係なく体に悪影響を与える危険性

年齢に関係なく体に悪影響を与える危険性

中国産のもやしに含まれている「毒」には非常に強い発がん性があります。

また他にも「亜硝酸塩」「硝酸塩」という成分を使って栽培されていることが多く、こられも発がん性に関与している成分となっています。

最近の日本人は食事に関しての安全性に敏感になりつつあるものの、まだまだ世間的には浸透していません。

自分が食べている食品がどれだけ安全なのか?または、生産される際にどういった過程で作られているのか?ということもチェックする、知ることも大切です。

中国では当たり前のように作られている食品の大半は日本では危険物質と認定されている成分が含まれているものばかりなので細心の注意を払うようにしておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

価格が安い、ちょっと節約をしたい、お買い得だからなんとなく買ってしまうという理由で中国産の食品を購入するケースもあるかもしれませんが、人体に悪影響を及ぼす可能性があるということも忘れないようにしておきましょう。
中国産の食品全てが危険ということではありませんが、危険な可能性があるということを理解しておくことが大切です。