中国産の危険な青汁で有名な山本漢方の商品について

中国産の危険な青汁で有名な山本漢方の商品について

山本漢方では「青汁」や「たんぽぽ茶」などが商品として販売されています。こちらの商品の原産地が中国となっているため、知っている人からすると危険であるということが噂になっています。
実情としては、安全とは言い切れないことが事実であり、中国の汚染された環境で育った物を使っているということは人体に何等かの影響を与える恐れがあるということを理解しておかなければいけません。

山本漢方の商品自体は非常にリーズナブルであり、かなり購入しやすいことが特徴となっていますがその理由は仕入れコストが安いということです。
価格が安いとはいえ、安全面が問題になっているので購入の際は注意が必要です。

山本漢方たんぽぽ茶について

山本漢方たんぽぽ茶について

商品のラベルには「無添加」と明記されていますが、実際の安全性ははっきりと安全とは言い切れません。
その理由は残留農薬の危険性(実際には検査はされています)があるからです。
中国の汚染された環境で育たった「たんぽぽ」を原料にしている以上安全性については確認が必須です。
また「カンゾウ」という成分が配合されていますが、この成分は血圧上昇作用があります。つまり高血圧症の人などは控えることをオススメします。
ラベルにはきちんと記載されているものの、私達消費者にとっては細かく成分を理解している人は殆どいないのでより注意する必要があります。
健康に良いと思っている商品でも様々な危険が隠されているので注意することを忘れないでください。
山本漢方のたんぽぽ茶は確かにリーズナブルですが危険が隠れている可能性があるということも視野に入れることが大切です。

たんぽぽ茶の副作用について

たんぽぽ茶の副作用について

たんぽぽ茶を摂取する際に適している人とそうでない人がいるということを理解しておかなければいけません。
特に妊婦の方は要注意です。
たんぽぽ茶は「ノンカフェイン」といわれていますが、利尿作用があるので頻尿のトラブルを誘発する可能性があります。
摂取量を考えることはもちろんのこと、お子様のことを考えると中国産のたんぽぽ茶を摂取するということは安全ではないということも理解しておきましょう。

そして利尿作用の影響で、血圧の変動が増えます。これによって低血圧の人も高血圧の人も様々なトラブルを招く恐れがあるので注意です。
上記でも述べましたが、カンゾウという成分が含まれており、高血圧の人に関しても摂取には十分な配慮が必要です。
安全に召し上がる為にはご自身の血圧を知ることが大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

安全であるかどうかを判断するには生産地などを理解しておくことが必要です。山本漢方から販売されている「たんぽぽ茶」には様々な物が含まれているので、まずはその成分を知ることも重要になってきます。
健康を維持する為には安全かどうかを判断していく知識を身に着けることが大切です。