中国の食品検査の現状

中国の食品検査の現状

頻繁に食品被害が起きている中国の食品検査方法についてですが、簡単にまとめておくと「手抜き」で検査されていることが殆どでした。
現在は多少改善されているものの、それでも監視の目を通り抜けて危険な商品を輸出している製造業者も数多くいます。

また中国の体制自体がこのような環境が「当たり前」という認識があること、また検査自体に費用が掛かることによって、検査自体を日本のように厳しく行っていないことも明らかになっています。

中国で作られる商品が例え危険なものであったとしても「検査」がしっかりとしていれば食品被害が発生することはありません。
今現在中国で製造されている物から数々の危険物質が検出されるのは、検査体制が機能していないことを意味しています。

添加物や化学薬品の規制自体が緩い

添加物や化学薬品の規制自体が緩い

わかりやすくまとめておくと日本のように検査が厳しくないこと自体がそもそもの問題となっています。
日本で制限されている数々の添加物、危険物質等は中国では規制されていないので、検査の対象外となってしまうことも問題の一つとなっています。

そして添加物や合成香料などを含めるとに日本の数倍以上の使用が認められています。
どれだけ厳しく検査をしようとしても、規制自体が緩いのであまり意味がないということになります。

このような事実から中国産の商品を購入するということは大変危険であるということを再確認しておくことが大切です。
衛生管理、安全確認を疎かにしている中国商品を購入するということは何かしらの被害を被る可能性があることも視野に入れておきましょう。

汚染環境が生み出した体制と現状

汚染環境が生み出した体制と現状

汚染された環境で生産する為にはそれ相応の知恵や知識が必要になります。
つまり汚染された環境から作物、食品、商品を作るためには「添加物、化学薬品」などを利用しなければいけないということです。

検査方法が甘いだけでなく、規制の緩さ、そしてそこで働く従業員自体に責任感が乏しい為、中国で作られる商品の安全性は極めて低いことがはっきりとわかります。
大量の農薬を使用し、汚染された水源を利用し、汚染された空気や環境で作られる物が安全である保証はありません。

私達にできることは「安全」であるかどうかをきちんと判断できる考えを持つことが最も大切です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国で作られる数々の物がなぜ危険なのかについては検査体制が甘いということや規制の緩さが関係しています。
これらが見直されない限り中国製品の安全性は保障されません。
購入する際はこういった現状があるということを理解しておくことが大切です。