危険な中国の漬物は体に悪影響を及ぼす

危険な中国の漬物は体に悪影響を及ぼす

中国では現在環境問題の影響を受け、人だけでなくその土地で育つ様々な作物等にも悪影響を与えています。 例えば中国で作られる漬物には、汚染によって見た目が汚れてしまっている食料品を綺麗にするために大量に漂白剤や化学物質を使って作られています。 当然のことながら基準値を超えてしまっているので、人体に入ると気管に障害を引き起こしたり、アレルギー性の症状を招く恐れがあることが研究で証明されています。 日本で「禁止」されている薬品、化学製品が当たり前のように使われている中国商品は決して食べるべきではありません。 中国で規制されていないわけではありませんが、それでも監視が緩いのはいまだに変わっていません。 中国商品を購入するということは何かしらの危険があるということを理解しておきましょう。

薬品付けの漬物は大量の危険物質を含んでいる事実

薬品付けの漬物は大量の危険物質を含んでいる事実

中国で作られる漬物が検査された際に、最低限の基準値をクリアしたのはわずか20%~25%程度であることがわかっています。 それ以外に関しては「基準値を超えて」おり、また不正な添加物、禁止されている大量の化学物質が使われていることが分かりました。 日本で暮らす人々に知ってほしいのは、どんな薬品が使われていたかということです。

中国で作られた漬物、またはキムチには腐らないように実は「ホルマリン」が使われていたことが発覚しました。ホルマリンは発がん性があり、世界的に見ても毒性が強いことから食品には絶対に使ってはいけないとされているものです。

これらが使われた背景は、腐らさず輸出するためです。つまり、消費者のことを考えず、生産者がお金儲けのためだけに行ったということです。
中国商品を購入するということはリスクがあることを肝に銘じておきましょう。

人体に蓄積されることで体に反応が出る

人体に蓄積されることで体に反応が出る

極端にいえば、即効で何かしらの症状が出るケースと出ないケースがあります。 また体内に蓄積されることで健康被害が出るケースなどもあります。 日本で暮らす人々にとっては中国産の商品は安く、購入しやすいという側面がありますが、健康のことを考えるとオススメできません。 分かりやすい例を述べておくと、価格が安い中国産の商品を購入したとします。
最初のうちはお財布にも優しく、コスパも良いと思うでしょうが、それが原因で病気になってしまったとしたら治療費がかさみ、結局高額な支払い、ストレス、リスクがあることを分かってもらえると思います。

中国産の商品を購入するということにメリットは無く、デメリットの方が多いということを再認識しておきましょう。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

日本の食卓でも馴染み深い漬物も、生産地によっては危険な物が大量に含まれているという事例を紹介しましたが、本当に安全なものを摂取するためには最低限の知識と、その土地の環境についても理解を深めることが大切になってきます。