中国で生産された爆発スイカの真相とは?

中国で生産された爆発スイカの真相とは?

中国で作られているスイカが爆発するという事件が多発しました。この事件の背景には、スイカを無理やり成長させる為に「成長促進剤」を使っていたことがわかっています。成長促進剤を利用することで、短期間で大量の生産を可能とし、生産業者からするとより収入源が増えます。「お金儲け」の為だけにこのようなことが繰り返されている実態を改めて認識しなければいけません。

また成長促進剤だけでなく、安定して大量生産させる為に毒性の強い殺虫剤(農薬)を大量に使っています。こ殺虫剤の成分を「アルジカルブ」といいます、人体に入ることで吐き気、けいれん、呼吸困難などを引き起こします。非常に危険な成分が使われている中国のスイカは絶対に購入してはいけません。

低コストハイリターンを目的にしている生産者達

低コストハイリターンを目的にしている生産者達

日本の場合は危険な商品を作ったとしても出荷することができないので作られることはありませんが、中国の環境は危険な商品を作ったとしてもそれを出荷できる体制にまず問題があります。また年々中国の生産者の体制が変化し、低コストでハイリターンを得ようとしている人が増えてきていることによって食品被害問題が多発しています。中国がどれだけ環境が良くなろうと、生産者達の意識が改革されない限り安全な商品、食べ物は作られることはありません。

危険な薬品を大量に使うことで生産することは可能ですが、人体への影響は計り知れません。大切なことは中国で作られる商品や生産物を摂取しないことが大切です。

大量の農薬と偽装工作の繰り返し

大量の農薬と偽装工作の繰り返し

中国で作られる商品の殆どが大量の農薬、化学薬品を使って偽装を繰り返されています。それを出荷さえしてしまえば生産者としては低コストで儲けることができるからです。

このような偽装工作が日常茶飯事で繰り返されているため、中国で作られる物を摂取することで何等かの健康被害が出ることは当然です。

乳幼児、免疫力が低下している人たちの場合はさらに顕著にその影響が出てしまうので摂取しないことが大切です。

日本にも影響がないということではなく、中国の商品、食べ物を大量に輸入しているので注意が必要です。大切なことは選ばない、食べないという選択が重要です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

スイカ一つを例にしても無理やり成長促進剤を利用して育てているという問題が浮かび上がります。中国で作られるものが危険だというのは生産者の問題、そして中国の環境そのものが危険です。私達にできることは選ばないという行動が大切です。