中国産のきくらげの危険性と食品の安全性について

中国産のきくらげの危険性と食品の安全性について

中国産のきくらげからは二酸化硫黄という成分が検出されたことが問題となっています。

この二酸化硫黄というものが体内に入ると、せき、気管支喘息等の影響が出ることが分かっています。

また大量に摂取し続けると呼吸困難を引き起こす恐れがあり、最悪の場合は命を落とすケースもあります。

きくらげのような一見安全そうな商品であっても中国産には非常に危険が隠されています。

私たち消費者がより安全に生きていく上では「中国産」の商品を購入するというのは危険であるということを理解しておく必要があります。

また国産のものに比べて様々な食品が基準値を超える農薬、劇薬が検出されるので基本的には購入を控えることをオススメします。

利益追求の中国業者の体制が問題の原因

利益追求の中国業者の体制が問題の原因

利益ばかりを追求し「食」の安全は二の次だからこそ、こういった事件が次々に発覚しています。中国商品のほぼ7割以上がこういった利益追求型で生産されているため、安全性については殆ど考えられないと思っていても良いでしょう。

安全な食品を購入したいという場合は多少価格が高くても国産がオススメです。

また今回のきくらげのように、多少の基準値を超えているだけで実際にはそれほど健康被害がないといっても体に蓄積され続けるということを忘れないで下さい。

体内に蓄積され続ければ、近いうちに必ず何かしらの健康被害が出る可能性が高いです。

中国産の食品はなるべく摂取しないように心がけることが健康を守る上では大切です。

中国は捏造をしている可能性が高いことを理解する

中国は捏造をしている可能性が高いことを理解する

今回の乾物の例でもそうですが、中国の生産者達は検査を通り抜けることだけを考えて物を生産しています。つまり利益のためだけです。

見た目を良く見せたり、成分をごまかしたり、後々検査をすれば発覚することも中国の監視体制が甘いことによって通り抜けることが出来てしまいます。

中には「中国の監視体制が強化されれば問題が起きない」と思う人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

そもそも中国は利益を上げる為に捏造することが当たり前になっている文化だということを忘れてはいけません。

よって、中国産の商品を購入するということは何かしらのリスクがあるかもしれないと考えておくほうが懸命です。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国産の商品の安全性について再確認をすると共に、本当に安全なものを選ぶ上では「中国産」を購入しないことがオススメです。
どれだけ時代が進もうとも、いまだに検査を通り抜けている可能性があることを忘れないようにしておきましょう。