格安販売されている山本漢方の青汁についての危険性

格安販売されている山本漢方の青汁についての危険性

私たちが暮らす国内では当たり前のように中国産の商品が販売されています。その一つの例が「山本漢方」です。この商品は青汁ですが、使われている原料が「中国産」のものです。

よって価格が安いことが特徴です。健康になるために飲む青汁であっても、中国産の商品である場合は「安全」とは言い切れません。

中国産の青汁には危険な農薬が使われている可能性が高く、人体に悪影響を及ぼすものばかりです。注意書きや説明事項には「安全」と書かれているものの、実際にはどこの現地でどういった栽培がされているのかが明記されていないため、とても危険です。

商品を購入する際に特に「中国産」のものについては慎重に購入する必要があります。

中国産の青汁の健康被害

中国産の青汁の健康被害

青汁を一つに例を出してみましたが、実際には中国産の青汁、野菜、作物等を含めてかなりの健康被害が出ていることが証明されています。

また研究はっきりと調査されている中で日本で禁止劇薬として認定されている農薬を大量に使っていることもわかっているので、「中国産の食品がどれだけ安全です」といわれていても信用してはいけません。

残留農薬の影響により発がん性が高まり、健康被害になるリスクが高いことが一番理解しなければいけない問題です。

価格が安くてついつい購入してしまうこともあるかもしれませんが、自分の「命」を考えるとどれだけ深刻な問題かを理解してもらえると思います。

中国産の青汁はどこのエリアで栽培されているか厳密に記されていない

中国産の青汁はどこのエリアで栽培されているか厳密に記されていない

知ってほしいことは、中国産の厳選された土地で栽培していますというような注意書き等がありますが、その地域の環境問題、水質問題、汚染問題等については記されていません。

つまり、私たち自身がそのことを突き詰めない限りは本当に「安全」かどうかがわからないということです。

購入する側はしっかりと商品の安全性について理解しておくことが大切です。

中国の商品全てが駄目だということではありませんが、可能性としてはとても危険性が高いということを再認識する必要があります。

青汁の例だけではなく、商品購入時(野菜、作物、お菓子等を含めて)には必ず生産地や原材料がどこなのかをチェックする癖をつけておくことが健康被害のリスクを減らす方法となっています。

どうすれば良いの?

どうすれば良いの?

中国食品の健康被害はとても大きい社会問題になっていますが、私たちが暮らす日本では輸入に頼っているため、必ず中国産の食品を見かけると思います。
食の安全性を考えることが、自分の命を守ること、健康を守ることに繋がるということを肝に銘じておきましょう。